ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 就活指導の失敗理由 | トップページ | アメリカの支配能力 »

2018年11月 5日 (月)

「優等生」の落とし穴

 我が国の教育体系は、ある程度まではよくできていると思う。短期で多様な情報の詰込みという意味では、それなりの物ではないかと思う。しかし、何か怖いものを感じる時があった。
 その理由の一つに思い当たったので、忘れないうちに書いておく。今回の仮説は
   学校教育の記号体験だけに過剰適応した人材が優等生になる
である。これは、言い換えると
   現実の体験なし、現実の意味を考えず、文字面の上だけで判断する
   規則に合わせることはきちんと行うが規則の意味を考えない
という感じの適応をした人が、成績優秀な『優等生』として、世の中に出ていくということである。
 確かに、知識を先に得て、その後体験しながら成長する道もある。
 現場体験時に色々な知識を生かし、説明納得しながら仕事をする。その上で自分の付加価値を増やすという生き方もある。
 このようなやり方ができればよいが、文字面だけで生きていくようになれば、少し怖い感じがする。
 この対策としては、科学の哲学をもう一度きちんと議論すべきではないかと思う。
 残念ながら、これから先はまだまとまっていないので、また別の機会に書きたい。
 

« 就活指導の失敗理由 | トップページ | アメリカの支配能力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「優等生」の落とし穴:

» アメリカの支配能力 [勉強の方法補充]
 昨日書いた記事と微妙に絡む問題だが、アメリカの他国支配について、どうも気になる [続きを読む]

« 就活指導の失敗理由 | トップページ | アメリカの支配能力 »