ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 他人の「悪意」について | トップページ | 西洋文明の発想について振り返ってみる 古代ギリシャ »

2018年12月 2日 (日)

他人との関係についてもう少し

 昨日の「他人の悪意問題」に関連してもう少し考えがまとまったので書いておく。
Gaibuchikaku
 昨日の前提事項を図解すると、上図のようになる。外部世界のあるものそのモノで考えるのではなく、自分の作ったモデルの中で考える。
 ここで大事なことは、このモデルは今までの経験や知識の影響を大きく受けているということである。つまり、外部世界にある色々な環境や、他人についての考えは、今までの経験や知識の影響を受けて、脳内モデルに反映している。外部の状況そのもではないということである。
 これが分かると、次の大切な考えが出てくる。
  「自分の過去を変えることはできない。しかし脳内モデルは変えることができる。」
つまり、色々なストレスなどの原因が、過去の体験であっても、その体験自体を変えることはできなくても、それからできたモデルは、自分の頭の中のものだから変えることができる。
 このような発想もあるのではないかと思う。

« 他人の「悪意」について | トップページ | 西洋文明の発想について振り返ってみる 古代ギリシャ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他人との関係についてもう少し:

« 他人の「悪意」について | トップページ | 西洋文明の発想について振り返ってみる 古代ギリシャ »