ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 歴史学者の話か小説家の話か? | トップページ | コミュニケーション能力に関してもう少し »

2018年12月19日 (水)

いわゆる「コミュニケーション能力」について

 どこやらの大学の馬鹿幹部が、
  「女子はコミュニケーション能力が高いので~~」
という言い訳をして何かもめているらしい。
 私はこの大学の言い訳は、認めるわけにはいかないが、面接において
  「口先だけが旨くて中身のない人間」
を見分けて、正しく評価することは、確かに大切なことである。しかし、これができていない。
 私が昔ソフトウエアの会社に出向していた時、採用時に良いと言われた人間が上滑りで、一方会話が成立しない人間が、文章を書かせれば優れた能力を発揮したことを経験している。
 私が面接したときには、できる限り
  「基本的な原理を考えているか?」
を聞き出すようにした。これで見た結果は、有能な人材の探り出しには有効だった。
 しかし、
  「口先人間」
の排除は難しいものである。
 排除の大家の某知事なども、自分をよく顧みて欲しい。

« 歴史学者の話か小説家の話か? | トップページ | コミュニケーション能力に関してもう少し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いわゆる「コミュニケーション能力」について:

« 歴史学者の話か小説家の話か? | トップページ | コミュニケーション能力に関してもう少し »