ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« スマホ時代の思考力教育 | トップページ | スマホが行動を変える事例について »

2019年2月28日 (木)

スマホが思考と行動に与える影響

 昨日書いたスマホの話をもう少し突っ込んでみる。
 このブログで、何回か取り上げた『一般意味論』の活動では、
  「思考と言語」
  「思考と行動における言語」
という問題が考察されている。
 しかし、スマホ時代では、
  「いわゆる『言葉』で表せないもので思考や行動が進む」
状況になっている。
 これは、自分の考えや、感じたものをスマホの画像や動画でとり、それをすぐに発信できる。またその情報を見たものは誰でも、『イイネ』と評価できる。自分で再配布することもできる。更に見た人間の反応もアクセス数などで数値化できる。
 このような
  「自分で発信できる」
  「自分で意見を言える。評価できる。」
という、大衆化が行われている。
 また大衆化の中には、特化したサークルができやすくなることも注意しないといけない。例えば1%に満たない人間でも世界中ならどれだけいるか。このようなつながりができてくる現状をもう少し考えるべきだろう。

« スマホ時代の思考力教育 | トップページ | スマホが行動を変える事例について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホが思考と行動に与える影響:

» スマホが行動を変える事例について [勉強の方法補充]
 昨日書いた、スマホが思考と行動に影響を与える話について、もう少し検討を加えてお [続きを読む]

« スマホ時代の思考力教育 | トップページ | スマホが行動を変える事例について »