ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 本当に現場の痛みを知っているのか | トップページ | 現在の『悪』の根源は何か? »

2019年3月21日 (木)

反省するための条件について

先日書いた、反省する力の続きを書く。
反省する時に、深く反省し、その体験を再現したら、フラッシュバックが起こることがある。つまり、その時に負った心の傷が、もう一度よみがえる現象である。フラッシュバックによる傷を恐れて、
 「昔のことを忘れなさい」
という指導をする人も少なからずいる。しかし、これを放置していると、潜在的な恐怖などが悪さすることもある。もう一つ言えば、本質に向き合わないから、悪いことを繰り返す可能性もある。トラブルを無かったことにして、再発しているのは、多くの学校でのいじめ問題を見ればよくわかる。
 さて、ここで正面から向き合うためにはどうしたらよいだろう。やはりサポートが必要である。生身の人間で、親身になってくれる人がいる。このような条件で向き合うのもよい。または信仰の力もよいだろう。仏教で言えば、観音様はいつも皆のために救いに来られる。このような力を後ろに感じて、昔の悪いものに向き合っていく。これが大切である。
 しかし、向き合った後でも、二つの反応が出ることに注意しないといけない。
  1. 自分の責任で潰れそうになる人
  2. 他人ばかりを責めるようになる人
自罰的な人には、視野を変えて、社会的な問題などを考えて、自分の責任を薄めるような見方も大切になる。このような人は、元気づけ受け入れてやることで、前に進むようになっていく。
 一方、他人ばかり責める人間の対策が難しい。一つには、
「本当に自分の責任と向き合うと潰れる」
弱い人間が、他人を攻撃していることがよくある。このような人間にどうして真実に目を向けさせるのか、また主義主張にこだわる「カルト状況」の人もいる。これらの人をどうして、反省させるか?
 一つの答えは、その人の能力を拓くことである。自分の視野を広げ、自分でもできたことを悟らせていく。このような形で、
 「当時自分でもやれることがあった」
と反省させることができれば、成長可能性に繋がっていくだろう。

« 本当に現場の痛みを知っているのか | トップページ | 現在の『悪』の根源は何か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当に現場の痛みを知っているのか | トップページ | 現在の『悪』の根源は何か? »