ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 反省できないとチャンスを逃す | トップページ | 学習時の助けとしての図の働き »

2019年3月28日 (木)

10年前の記事を見て技術の進歩と自分の理解を見る

 昨日このブログのアクセスを解析していたら、
  「数学と物理学の本棚を見て

という、2009年の3月に書いた記事にアクセスがあった。
 この記事は、

 「数学や物理学の教科書に、従来なら否定された直観的要素が入った。」

ということで、驚いて書いた。しかし当時の私の知識では、なぜそうなってきたかということについて、きちんと説明ができたいなかった。

 現在この記事をもう一度読み直し、今の力で説明してみよう。私の仮説は以下のようなものである

  1. 数学において抽象的な思考法の強調が必要なくなった
     数学の体系的な知識整理ができたので抽象化の強調はいらない
     数学体系だけで思考できる人が増えている
  2. メディアの変化で図などを用いた直感的思考が増えてきた

この2面があるように思う。現在の数学の教育は、かなり行き届いているので、代数的な処理で多くの問題が解けるようになっている。ここで代数的という表現は、機械的な書き換えと言いなおしてもよい。つまり抽象的世界で自動的に解決できる問題が増えているし、これが教育で伝わっている。
 逆の見方をすれば、数学の土台にあった「現実的な問題での計算」などの具体的・直観的なモノとのつながりが緩くなっている。

 一方、印刷の世界でも、図の処理が楽にできるようになり、直観的な解説が楽にできるようになっている。このようなメディア面の変化の影響も大きい。

 私も、このブログを10年以上書いていると、色々の考えが絡まってきて、見えてくるものがあることを、あらためて実感した。

« 反省できないとチャンスを逃す | トップページ | 学習時の助けとしての図の働き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反省できないとチャンスを逃す | トップページ | 学習時の助けとしての図の働き »