ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 六観音に関する疑問を解く湖北の観音様 | トップページ | 多面的なモノの見方が大切ではないか »

2019年3月14日 (木)

スマホ時代に共感力はどうなる

 このブログで、『スマホ時代』ということで、新しいメディアの在り方、考え方について議論している。そこで今回は、
   「スマホによって落ちているモノ」
を考えてみたい。
 スマホによるコミュニケーションは、音付き動画の世界まで広がっている。しかし、実際の対人関係の、総合的なふれあいまで至っているのだろうか?五感と言うが、人間の感覚でも、嗅覚や触覚の方が根源的であり、その上に聴覚視覚が成立している。さらにその上に文字などの言語がある。このような上層部だけのコミュニケーションで本当に対人関係ができるのだろうか?他人の痛みを感じる、ミラーニューロンなどが、実際に触れあった人間関係でなく、スマホの画面上でできるのだろうか?
 この問題をもう少し考える必要があると思う。
 しかし、もう少し発想を広げると、今までも
  「自分の考慮外の人権は無視する」
と言った人種はよくいた。
 このように、
  「自分の直接つき合った人間のことだけしか考えない」
人種が少なくないのも事実である。このような人には、スマホのような広がりの先の人間尾悲しみを考えさせるように、教育することが必要かもしれない。
 
  「あの人も人間である!」

« 六観音に関する疑問を解く湖北の観音様 | トップページ | 多面的なモノの見方が大切ではないか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホ時代に共感力はどうなる:

« 六観音に関する疑問を解く湖北の観音様 | トップページ | 多面的なモノの見方が大切ではないか »