ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« スマホ時代の思考法で『正義』について考えてみた | トップページ | 人間を描く力と学問の関係 »

2019年3月 5日 (火)

正義に関してもう少し議論を

 昨日の続きで、『正義』についてもう少し議論を続けたい。
 まず権力と正義の関係である。正義というものを振りかざすことで、権力の行使は容易になる。逆に、
  「法律の定めたことが正義」
ということで、権力と正義は相互に支えあうようになると、自己増殖的に強化されていく。
 これに、宗教が絡むと益々強化されていく。キリスト教の十字軍などがこれにあたるだろう。
 一方、現在のようなネットワーク社会では、自分たちの思い込みで、敵対者を叩くときに
  「正義の戦い」
と信じて行う例が少なくない。これはある意味リンチに近いものである。
 もう一つ、スマホ時代には、各人が自分の情報記憶装置を持っているということにも注意が必要である。これは『正義』よりも『恨み』の関係が多くなるが、色々な情報を保存しているので、あるきっかけで爆発することがある。誰かが言い出した時、関連する情報が、ネット上に湧き出てくる現象がある。これはスマホ時代に顕著になっている。
 さて、正義についてもう少し考えてみたいが、一神教の絶対神がいるなら
  「神の定めた正義」
という絶体的なモノがあるだろう。しかし、私は日本の神道や仏教を信じている立場で、
  「絶対の正義と言い切れる自信はない。
  しかし最大多数の最大幸福は守るべきである。」
という立場に立っている。
 なお最大多数ということについては、できるだけ広く観るようにしている。
 人権の及ぶ範囲を狭くする人がいる現状は注意しないといけない。

« スマホ時代の思考法で『正義』について考えてみた | トップページ | 人間を描く力と学問の関係 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正義に関してもう少し議論を:

« スマホ時代の思考法で『正義』について考えてみた | トップページ | 人間を描く力と学問の関係 »