ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« ピーターの法則が成り立たないようにする | トップページ | KIndleで「AI時代に生き残る人材の本を出しました」 »

2019年7月 8日 (月)

管理職の育成に関して経験談

 先日から書いている、ピーターの法則と管理職の問題に関して、私の経験を述べておく。

 まず個々人の状況を考えた管理に関しては、私は『女性部下』との対応で、二つの大きな経験をした。一つは1980年代に、ソフトウエア関連の子会社に出向し、若くして部下を持った経験である。当時、私の部下には女性が多くいた。彼女たちに主担当として仕事をさせたが、そこで壁になったのが当時の労働基準法である。厳しい残業制限のため、実質残業を考慮した工程を組むことは難しかった。一方に当時の空気は、

「24時間戦えますか」

と言う発想であり、私にも

「男の部下に仕事をさせて、もっと成果を出せ」

と圧力がかかった。私個人は、『滅私奉公』は嫌いだったので、仕事の標準化や与え方の工夫で、なんとか対応する方法をとった。

 また、2000年代には、別の仕事に転籍し、シングルマザーの契約社員や、家族持ちのパート社員の部下を持つことになり、彼女たちの状況に配慮した、仕事の与え方を工夫した。

 これらの経験から、

「部下に丸投げせずに、できるだけ仕事と個人のマッチングをはかる管理は可能である」

と思うし、このような管理者の育成もできると思う。ただし、完全な計画通りの仕事の遂行は難しい。トラブルは必ず起こるので、その対応力も併せて育成する必要がある。このような訓練を管理者の予備群に行うことが大切だと思う。

 ただし、私もピーターの法則を絵に描いたような上司の下にいたことが何度かある。

 ・このような上司を、排除し自分が取って代わるべきだったか?
 ・当時の私が課長業務を無事務まったか?

 これを考えると、部下の立場で不満を言うだけの人間にも否定的であるが、その救いをどうすればよいのか、未だ完全な答えは出ていない。

« ピーターの法則が成り立たないようにする | トップページ | KIndleで「AI時代に生き残る人材の本を出しました」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピーターの法則が成り立たないようにする | トップページ | KIndleで「AI時代に生き残る人材の本を出しました」 »