ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« かんぽ生命の不正勧誘に関して | トップページ | 現実と理想のギャップについて 小泉改革で考える »

2019年8月 5日 (月)

組織運営に関して一つの思いつき

 昨日書いた、かんぽ生命の不適切勧誘問題に関して、もう一歩広げて考えてみた。今回のお題は

「上層部の方針が具体化されるときの問題」

という観点である。

 今回の事例で言えば、

  トップ:「経営方針としての利益確保」
  中間上層部:「各部門への具体的数値目標展開」
  下層管理職:「各個人への割り当てノルマ決定とフォロー」
  各担当者:「ノルマ達成への努力」

という風に展開されていくが、その中で

  「無理がどこで入り込んだのか?」

という議論である。

 上の図式で言えば

  中間上層部:「各部門への具体的数値目標展開」
                         <-現状を知らないで数字だけ言う
    ~~この間の深い溝~~

  下層管理職:「各個人への割り当てノルマ決定とフォロー」
                       
<-成功の見通しなしのノルマ押しつけ

という問題でないかと思う。

 この図式で考えると、色々なモノが見えてくる。郵政民営化に関しても、色々な段階で入り込んだ無理が、もう少し議論されるべきだと思う。

« かんぽ生命の不正勧誘に関して | トップページ | 現実と理想のギャップについて 小泉改革で考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かんぽ生命の不正勧誘に関して | トップページ | 現実と理想のギャップについて 小泉改革で考える »