ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 国会の議論は「勧進帳の演技ではない」 | トップページ | 小学校の生徒が整列して話を聞く世界が理想か? »

2019年8月29日 (木)

議論に関連して今まで書いてきた記事の整理

 昨日は国会での議論について、建設的な話になっていないと苦言を呈した。

 国会の議論は「勧進帳の演技ではない」  http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-3d7401.html

 しかし、このブログではこれ以外にも関連した話を色々と書いているので、もう一度確認しておく。

 まず日韓関係に関連して議論にならない話を書いた。

 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-b713e3.html

 これを一般化し、幕末の日本の現象も考えている。これは現在も続いている。

 意見の違いについてどのように対応するか? http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-4de47d.html

 特に、新しいモノを提案するときには全体像を示して、関係者の不安を除くことが重要である。現在の維新を除く野党にはこのセンスが弱い。

新しい提案には不安の除去が必要 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-81a0.html

最後に、日本人の古くからある納得法について、明恵上人の教えを考えている。

「自然的秩序」への信頼が日本的コミュニケーション  http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-83aa.html

蔵出し的な話で申し訳ないが、見返す価値のある情報もあると思う。

 

« 国会の議論は「勧進帳の演技ではない」 | トップページ | 小学校の生徒が整列して話を聞く世界が理想か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国会の議論は「勧進帳の演技ではない」 | トップページ | 小学校の生徒が整列して話を聞く世界が理想か? »