ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 無意識の選択について フロイトの見直し | トップページ | 学校に依存しすぎているのではないか »

2019年9月 6日 (金)

パロディ 週刊○スト しっかり文章を読めない『日本人という病理』 

 週刊ポストの記事に対する色々な反応を見て,思わず作ってしまった駄作です。

 日本の国会では、多くの議員は

週刊B春や週刊S潮の記事を信じて質問する。」

状況であり、しかもその大部分は

本文を読まずに広告の表題だけ

で質問するレベルである。

 なおこれは国会議員だけの話かと考えると、某新聞の記事によると、

週刊誌の記事に反発する『知識人』達も
広告を見ただけで反対している

と言う人が多い状況である。

 また、マスメディアの中にも

XX日発売の週刊誌の記事によると!」

と言う形で報道している場合も見かける。自力で取材するというメディアの基本が失われたのか、権力におもねって報道を控えていた情報を,出すタイミングを週刊誌任せにしている。つまり、『報道者や編集者のプライドを忘れた』人が多くなっている。

 ここまで,情報があると、

文章を読み込めず広告文書に自動反射する日本人の病

という記事を載せてくれる週刊誌はないかな?

 なお、このブログの特徴である,原因解明をきちんとしておこう。このような状況の一つの原因は、

就職試験は高速に大量の情報を処理する能力を重視する

にあると思う。表題だけで内容を推測し,反射的に行動する。このような人材を重視するのが

日本人という病理

だろう。

« 無意識の選択について フロイトの見直し | トップページ | 学校に依存しすぎているのではないか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無意識の選択について フロイトの見直し | トップページ | 学校に依存しすぎているのではないか »