ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 概念の力 発達障害の方の苦労を思って | トップページ | 「弱者」の意見を正しく生かすためには »

2019年10月 7日 (月)

高浜町の『顔役』問題について

 関電の幹部に、高浜町の元助役からの『多額の金品』受け渡し問題に関しては、まだまだ見えていない問題が多すぎるので、ここで議論するのは少し早いような気がする。

 しかしながら、一つ大きな問題が根底にあると思うので、ここで指摘しておく。それは、

「人間関係の泥臭い部分を丸投げしている」
「エリートの責任回避」

である。

 このようにまとめてみると、同じ図式が、労働組合問題などでも見えてくる。神戸市の組合闇専従問題や、JR系の労働組合の問題など、いくつかの問題の共通点は、

「色々と文句のある人間たちを抑える力のあるところへの依存」

と言うことである。

 これは、教科書通りの理論で展開しても、現実は色々と齟齬がある。そのような個別の問題は、現場が対応するという、昔の『エリート』の発想が、逃げの発想になってしまった。そこで実権を握られたため、動きがつかなくなったのが現実だろう。

 さて、この問題に対しては、大阪での政治が、正しい対策を実施ている。橋下知事の時代に、当時の府議会の、松井・浅田などの議員が、人間的な問題をいちいち解決して、維新の会を立ち上げた。その後も、色々な問題を一つ一つ自分たちで解決していった。この行動が解決策だと思う。

 従って、大阪の松井市長は、関電に対して厳しく言う資格があると思う。

« 概念の力 発達障害の方の苦労を思って | トップページ | 「弱者」の意見を正しく生かすためには »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 概念の力 発達障害の方の苦労を思って | トップページ | 「弱者」の意見を正しく生かすためには »