ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 他部門の成功を自分たちが得るためになすべきこと | トップページ | 分散して働くためには自立が必要 »

2019年11月27日 (水)

AIが変えるビジネス環境の可能性

 先日、日経ビジネスのHP情報で、

「AIが働き方に影響を及ぼす」

と言う意見があった。私はこの観点がなかったので、もう一度考え直そうと思っていたら、昨晩のテレビで、

「スマホからの投稿画像をAIで監視し、災害状況や事故状況をいち早く知る」

と言う話があった。実は私は昔メーカー勤務をしていたときに、積雪状況や降雨状況の遠隔監視設備の設計製作にも関与したことがある。当時は専用のセンサーを使った監視装置を設置し、中央と専用回線でつないでいた。

 しかし現在は、多くの人がスマホ写真で情報を入手し、これをSNS等に載せている。また、気象予測会社に協力している人は、雲の状況などを随時報告している。こうした形の、

『大量分散した断片的情報の活用』

を実用化させる力が、AIにはある。これは一つの働き方の改革になる。

 従来の集中した工場での、管理十分な環境での仕事から、散在して自由な人たちの、不特定な情報提供を生かす。更に知的貢献を生かすようになるだろう。例えば、私のブログに対しても、過去に書いた色々な話を、時々検索して見る人がいる。このような散在情報を、上手く引き出し使えるようにしていく。これをAI だけで行うか、人間の加工も入るかはもう少し議論すべきだが、AIとIT社会が、何かを変える可能性はある。

 図式的に言えば、

『集中化した社会』:会社・大学での管理された情報等の活用

 から

『分散化した社会』:ネット上の多様な情報の活用

への変化ではないかと思う。

 昔(江戸時代~明治)には

問屋制手工業(分散)->工場制手工業(集中)->機械化

と言う変革があった。

 今度はその逆になっている。

(追記)

 このような体制は、目的の共有が必要だが、従来のシステムなら

「組織に属して自然と目的が共有される・・・暗黙的」

が多かったが、今後は

「目的を公開して興味を持った人に参画してもらう・・・きちんと記述する」

という形になる。

 さらに、供給されたものの、確認作業や、最終製品化のまとめ、そして品質保証や納入後のサポートに、今後ともどこかの責任部門が必要になると思う。フリーソフトウエアの自己責任論は、一般向けの工業製品では通用しないことが多くなると思う。

« 他部門の成功を自分たちが得るためになすべきこと | トップページ | 分散して働くためには自立が必要 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 他部門の成功を自分たちが得るためになすべきこと | トップページ | 分散して働くためには自立が必要 »