ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日本的な論理思考 | トップページ | 「禅の悟り」についてもう少し »

2020年1月18日 (土)

西洋文明の影響下における「禅と悟り」の役割

  新潮選書の大竹晋著:「悟り体験」を読む、を読んだ。色々な人の、座禅体験から、悟りに至った経験談がある。私個人の感想では、例えば、植芝盛平や山本鉄舟など武術関係者など、もう少し広い人を書いてほしかったが、色々と参考になる話があった。

 特に、「平塚らいてうが、禅を経験していた」と言う話を、不勉強で知らなかった。ここから、一つ思いついたことは、

「西洋文明の不備を補うための禅体験」

である。このブログでも何回か書いたが、

「西洋文明は、一部を切りとって、厳密に議論する。
日本文明は、全体像を持っている人を求める。」

傾向がある。そこで

「自分が全体像を持っているという自信がほしい」

人が、禅に頼るのではないかと思う。確かに、座禅で、

「世界が自分のなかに入ってくる」

というような体験をすれば、

「私は全体像を持っている」

と強くいえるだろう。しかし、この強さが思い込みとなると、とんでもない暴走に通じる。西洋科学と禅のミックスで

「科学的宗教カルト」

に陥るととんでもない暴走になる。

 このような暴走対策として、大乗仏教では天台大姉が「止観」の修行を進めている。この点は、臨済宗の中興の祖である、白隠禅師も「法華経を学ぶ」ことで、毒の中和を図ったが、もう一度

「現在人が、なぜ座禅に惹かれるのか?」
「求めるモノは何か?」
「いわゆる『悟り』に危険性を考える」

という振り返りが必要だと思う。

« 日本的な論理思考 | トップページ | 「禅の悟り」についてもう少し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本的な論理思考 | トップページ | 「禅の悟り」についてもう少し »