ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 『正義』の『日本教』の元での暴走 | トップページ | 『日本教』の元で論争は上手くいくのだろうか? »

2020年2月 9日 (日)

『日本教』の影響下での社会分断について いわゆる『高学歴者』の思考限界

 昨日書いた、日本教と正義の問題は、悪影響を及ぼすと、社会分断になる。

 これは、少し前に書いた『高学歴』という議論とも重なるが、

「現在の学者達の思考法には、決められた範囲での厳密な思考法」

を重視している。

 このような思考の厳密さは大事なことであり、何もかも鵜呑みにするよりは、きちんと資料評価する姿勢は大切にしないといけない。

 しかしながら、この時とても危険な現象が起こる。それは

「考慮にそれたモノに対する配慮がない」

と言う事態である。この問題は、『日本教』の根本仮定である

「全てを観てくださる神」

の範囲から出てしまうと言うことであり、この人達の苦しみなどは考えないようになってしまう。

 悲しいことに、このような事例はたくさんある。切実な話では、

「精神の疾患のある患者の家族に、
『その人の言うことをできるだけ聞きなさい。』
つまり奴隷になるぐらいの気持ちで」

と指導する精神科医の話もある。某殺人事件でも、引きこもりの人間のために、家族に自殺者が出ているが、その自殺者に対する同情の論地はなく、『引きこもり者を殺した父親』を責める、立派な精神科医がいる。

 また別の見方では、

「受験に対して社会活動などを考慮せよ」

と言う議論が出ている.これに対しては

「家庭の事情で社会活動などできない子供はどうなる」

と反論が出ているが、中高一貫校などの『恵まれた環境』で学んだ人間が、自分たちの尺度で、このような制度をだすことが怖い。

 また国会などを見ていると、一部野党の人たちは

「国家公務員(キャリア官僚)の人権はない」

と考えているのではないかと思う。と言うより、『人間』と思っていないのではないだろうか?

 この発想は、西洋文明の『人間の限界』を心得ている場合より、『日本教』の方が深刻だと思う。

« 『正義』の『日本教』の元での暴走 | トップページ | 『日本教』の元で論争は上手くいくのだろうか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『正義』の『日本教』の元での暴走 | トップページ | 『日本教』の元で論争は上手くいくのだろうか? »