ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 西洋文明と日本文明の比較 彫刻の例 | トップページ | 「低学歴者」と馬鹿にされた人間のひがみ 今朝の日経BPから »

2020年2月 3日 (月)

管理という発想から人材活用に切り替える 「引きこもり対策」

 今朝のNHKニュースを見ていたら,「引きこもり」者の就労支援が取り上げられていた。引きこもり者の、ソーシャルスキルを訓練し,就労後のメンタル面まできめ細かくサポートする,派遣会社の話である。

 これはとても善い仕組みだと思う。一般に就労支援というと、就職口を見いだすだけ。もう少しサポートすると言っても、定時的な面談ぐらいしかしていない。しかし、現状の引きこもり者は、電話の対応や名刺の出し方など、基本的なソーシャルスキルを身につける機会も失っている人が少なくない。そうして就労しても、色々の対人トラブルに遭う。このようなときに、速やかなサポートが必要であるが、それを、今まで均質な人材の効率向上を見ていた、一般企業の管理者に求めるのは、現実的には難しい。確かに大企業なら、そのようなメンタルサポートを置けという、行政指導もあるだろう。しかし中小企業、特にスタートアップの時などには、そこまでの力はない。

 そこで考えを変えて、

「人材活用のプロ的な会社」
(メンタル面のサポートを含めた人材派遣)

と言う発想はあるのではないかと思う。

 このような動きについて、厚労省のサポートが有効だと思う。幸いにも、労働問題の専門である労働省と、メンタル面の専門である厚生省が一体になったメリットは、このような面にあるのではないかと思う。管理者や経営者視点の経産省より、人を見る厚労省に期待したい。

 もっと過激なことを言えば、ハローワーク等の関連事業で、引きこもり者を一旦抱えて、ソーシャルスキル訓練をし、更に就労時のメンタルサポートを行う派遣業と言うのも現実的な問題解決の一案かもしれない。

 

« 西洋文明と日本文明の比較 彫刻の例 | トップページ | 「低学歴者」と馬鹿にされた人間のひがみ 今朝の日経BPから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西洋文明と日本文明の比較 彫刻の例 | トップページ | 「低学歴者」と馬鹿にされた人間のひがみ 今朝の日経BPから »