ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 日本教における空海と最澄のちがい | トップページ | 管理という発想から人材活用に切り替える 「引きこもり対策」 »

2020年2月 2日 (日)

西洋文明と日本文明の比較 彫刻の例

 日本文明の思考方法は、西洋文明と違った面がある。今回は、像を彫る等の事例で考えてみたい。

 日本の文明は、

「あるべき姿を探り出す」

と言う発想がある。例えば、仏師が仏像を彫るときには、

「木の中にいらっしゃる仏様を表に出すように木を削っていく」

という感じで余分な木を除去するのが、仏師の仕事である。

 一方、西洋文明の場合には、部分を積み上げていくという発想がある。人物像を作るなら、

「まず骨格を勉強する。次に筋肉の付き方を知る。・・・」

と言う形で、段階を経て積み上げていく。この根底には

「部分に分けて、きちんと学んでいく。」
「分けることで解る。」

と言う発想がある。

 一方、日本文明の発想には

「分けたらなくなってしまうモノがある。」
「一度に全体を悟ることができる。」

と言う信仰がある。天台の摩訶止観の説く、円頓止観が一度に全てを観る可能性を示している。この発想の違いを、私たちは心しておかないといけない。

« 日本教における空海と最澄のちがい | トップページ | 管理という発想から人材活用に切り替える 「引きこもり対策」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本教における空海と最澄のちがい | トップページ | 管理という発想から人材活用に切り替える 「引きこもり対策」 »