ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 少しの幸せを味わえるか? | トップページ | 本当の修行とは? »

2020年3月23日 (月)

現在社会は西洋文明の限界を超える発想が求められている

 現在の社会は、高度な専門家の発言が力を持っているが、本当にそれだけでよいのだろうか?例えば、今回のコロナ騒動においても、病気の伝搬の専門、検査の専門などの各分野の専門家が色々と発言している。しかし、このような専門家は、自分の担当範囲の視点での発言が多くなる。例えば、

「コロナの検査をできるだけ広く行うべきである。現在の検査は少なすぎるから、潜在的な患者を見逃している。」

と言う発言は、感染状況を研究している立場では当然の発言である。しかし、現在の制度では

「コロナ感染した人全てを入院隔離させないと行けない」

となっているので、

「軽症者も含めて多数の入院患者が出ると医療が崩壊する」

と言う可能性がある。

 こうした全体像を見て、総合的な判断を行うのが政治である。

 さて、このような専門化は、やはり西洋文明の影響が大きい。使用文明の基礎にある物理学は、

「物事を単純に理想化し、その上での因果関係を明確にする」
つまり
「専門的な範囲に視野を絞って深く考える」

ことで大きな成果を生み出した。

 この発想が現在強くなりすぎている。

« 少しの幸せを味わえるか? | トップページ | 本当の修行とは? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少しの幸せを味わえるか? | トップページ | 本当の修行とは? »