ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 平安時代の日本は経済的にどうだったのだろう? | トップページ | 少しの幸せを味わえるか? »

2020年3月21日 (土)

25年前のオウム真理教サリン事件について

 地下鉄サリン事件から25年と言うことで

「風化させてはいけない」

と色々な報道が出ている。私はこの事件に関しては、

「風化どころか、当時から本質の解明ができていない」

と考えている。

 まず、今回の表題に注目してほしいが、「地下鉄サリン事件」だけに注意を向けると、多くのモノが見せなくなる。私の考える問題点は以下の通りである。

  1. 上九一色村でのサリン製造プラントの問題
  2. 上九一色村で製造された大量の上質サリンの行き先
  3. 松本サリン事件
  4. 地下鉄サリン事件

一番にサリン製造プラントを挙げたのは、このような設備ができた、それを見逃していた、治安体制の問題である。特に注意すべきは、プラントができたと言うことであり、これには高度の熟練技術者が関与した可能性が大きい。配管をきちんと行うと言うことだけでも、匠の技が必要であり、これは日本の大学で「XX学」を学んだと言うことだけでは、習得できないモノである。従って、オウム信者の「高学歴者」は、試験管レベルのモノを作れても、プラントを実現できたとは考えにくい。

 なお、このようなプラント実現に関しては、「安全重視」の日本の環境では、経験を積むこと自体難しいので年月での育成となる。一方、北朝鮮のように「人権に配慮しない国」ならば、被害者が出ても強引に作り、失敗を重ねながら経験を積むことで、早期育成が可能になる。従って、

「日本の高学歴者の言っていることを、北朝鮮の技術者が実現し、しかも日本の経済環境で原料を調達する」

と言うことは、北朝鮮の化学兵器充実には、特に有効な手段であった。

 もう一つ加えると、オウム真理教とロシアの関係を疑う人がいるが、サリン問題に関しては、ロシアのメリットはない。なぜなら、ロシアはアメリカに対抗できる、唯一の核大国であり、逆に核保有以外では経済的に考えれば、三流国扱いされないレベルである。従って、核のメリットを脅かす化学兵器などは、ロシアの眼中にはない。

 さて、サリンが実際に使われたことは、テロの歴史を変える大事件なので、これはまたこれで追求すべきことである。ただし、ここで大事なことは、

「地下鉄サリンは粗悪品である」

と言う事実である。つまり、プラントを破壊して、純正サリンはないが原料があるので粗悪品を製造した。これは、当時のオウム真理教幹部の技術レベルを示しており、高度の技術者は当時既に(国外)逃亡をしていた可能性がある。

 25年間には

「朝鮮民主主義共和国は理想の国、拉致はアメリカのでっち上げ」

と言う世論が強く、拉致被害者に対しての迫害もあった時代の空気を、もう一度見直してこの事件を考えるべきではないかと思う。

« 平安時代の日本は経済的にどうだったのだろう? | トップページ | 少しの幸せを味わえるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平安時代の日本は経済的にどうだったのだろう? | トップページ | 少しの幸せを味わえるか? »