ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 学問知識は成長したが感情面の豊かさは? | トップページ | 反省するときの注意点 その3 反省の失敗 »

2020年3月30日 (月)

コロナと原発事故 西洋文明的発想の落とし穴

 新型コロナウイルスの影響で、イタリアは医療崩壊したし、アメリカやフランスでもかなりの被害が出ている。1月や2月の段階では、

「中国の政治体制だから~~」

と、欧米の『先進国』は比較的甘く見ていたのではないだろうか?

 しかし、現在の状況は

「欧米の先進国でも医療崩壊まで起こりうる」

と言う厳しい現実に直面している。

 さて、イタリアなどのニュースを聞いていたとき、私は10年ほど前のあるニュースを思い出した。

福島原発事故の時
「日本ですら原発事故が起こった!」
(旧ソ連などとは違う西洋文明先進国で!)

と言う、驚きである。あのとき、多くの国が原発に対して腰が引けるようになった。

 さて、今回のコロナ対策に関しても

「中国のような独裁国で、隠蔽などしているから、コロナ流行を引き起こした」

と言う論法は、もはや通らない。それどころか、

「独裁国の方が、強引な手段で抑え込むから、早期収束させる」
(中国、北朝鮮・・・)

と言う結果すら出るかもしれない。

 これは極端だが、日本の対応は、まだ医療崩壊など、最悪の事態を逃げるよう、上手く踏みとどまっているように思う。

 この知恵は、西洋文明と一線を画す日本の力ではないかと思う。

「現実を見据えながらしぶとく妥協点を探す」

これが、

「机上の検討で方針を作る」
「個人の主張だけをぶつけ合う」

西洋文明との違いではないだろうか?

« 学問知識は成長したが感情面の豊かさは? | トップページ | 反省するときの注意点 その3 反省の失敗 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学問知識は成長したが感情面の豊かさは? | トップページ | 反省するときの注意点 その3 反省の失敗 »