ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 本当の反省と謝罪 | トップページ | 不倫の原因について »

2020年3月11日 (水)

人間関係を単純に見すぎる悲しさ

 昨日書いた『不倫』の話に関連して、ツイッターで気になる投稿を見た。

「男の人に誘われたら、『友達連れてってよい?』と返す。
 これで引くような男は、体目当てだから。」

これを見て感じた違和感の理由が少し明確になったので書き残しておく。

 私の言いたいことは

「貴女に喜んでもらいたくて、お誘いしました。
一緒にいる人に気を使う余裕はありません。」

と言う考えの人が、この返事でどれほど傷つくか考えてほしいと言うことである。

 私自身、貧困家庭の育ちなので、人に対する接し方は、下手と自覚している。そのため、相手の気持ちをできるだけ思いやり、『全力で』その人に対応しようとする。そこで、気を使う人が増えると言うことは、散漫で不十分な対応しかできなくなる。これはお互いの不幸だと思う。なお、これを

『発達障害者の過剰適応』

と言う人もいる。

 しかし、考え方を変えれば

「男女の関係は、体の関係」

としか考えられない人は、とても不幸ではないかと思う。現在の多様な価値観、幅広い文化を考えると、色々な話題もあるし、交流もあると思う。これが、『体の関係』だけしか考えられないのは、動物並の本能生活ではないだろうか?

« 本当の反省と謝罪 | トップページ | 不倫の原因について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本当の反省と謝罪 | トップページ | 不倫の原因について »