ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 十界を救う観音様について | トップページ | 人間関係を単純に見すぎる悲しさ »

2020年3月10日 (火)

本当の反省と謝罪

 ネット社会になって、色々な個人の問題も公開されるようになってきた。そのような情報を見ると、今までの教科書通りの人間像から、幅が広くなっている。まさしく『罪福の相』を見た。

 そこで、『不倫』関連の話から解ったことを書いておく。

 まず、『不倫』は家庭を壊し、しかも伴侶の心を傷つける。これは、多くは精神の被害をもたらし、伴侶に不倫をされた人が『心療内科(実質は精神科ただし消化器障害なども出ることもある)』に通う人が多い。

 さて、このような不倫関係で、その後に修復に成功した例もある。その多くは、

  1. 不倫した側が、心から反省している
  2. 再構築のために努力を惜しまない

を行っている。例えば、それまでは金遣いの荒かった妻が、再構築のために質素に暮らし、自力で慰謝料を貯める。このような、努力が『許される』条件となることが多い。また、不倫相手にマインドコントロールされていた場合には、それが解けると『復讐に協力』した後の謝罪で、再構築に至る例もある。

 しかし、これに至らない例も少なくない。多くは、『不倫をした側』に反省が無い場合である。つまり

   「慰謝料を払えば良いのだろう」

と言う言い方をする場合や、

   「弱い女だからこれぐらいは認められる」

と言う人間である。

 さて、このような人間の反省はどうしたらよいのだろう。

 二つヒントがある。一つは、親の問題であり、困った考えをする親と切り離す後は、本心からの謝罪に至る例がある。もう一つは、本人に『本当の幸せ』を味合わせることである。

   「体目当てでない付き合いを初めてした」

と言う経験から、不倫相手の元妻に、心からの謝罪ができた例もある。

 このように考えると、反省の条件に

 0.本当に善いモノを知っている

と言う前提が必要だと思う。

« 十界を救う観音様について | トップページ | 人間関係を単純に見すぎる悲しさ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十界を救う観音様について | トップページ | 人間関係を単純に見すぎる悲しさ »