ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 反省するときの注意点 その3 反省の失敗 | トップページ | 『許す』をいう資格があるか? »

2020年4月 1日 (水)

反省で得るものは何か?

 ここしばらく『反省』について議論しているが、今回は『反省で得るモノ』を考えてみた。反省に限らず

「過去を正しく振り返る」

ことは、

「自分の力を客観的に評価する」

良い手法である。

「その時なぜ失敗したか、なぜ成功したのか?」
「自分のどの力がたりなかったか?何が効果的だったのか?」
「周りの人との関係は?助けてくれた人、敵に回った人?」

このような切り口で、時間をおいたことで冷静に評価できれば、自らの強みも見えてくる。また、

「昔(特に失敗したとき)と比べて、自分の成長も解る」

ことも大きい。更に成長した自分が昔を見ると

「当時は他人の責任と思っていたが、自分の問題点も見えてきた」

と言う経験を積むと、人間として一回り大きくなる。

 なお、反省を行うと、

「自分の心に正直に向き合う」

ことができる。私の経験でも

「当時は無意識的に押さえていた、怒りの感情」

を客観的に見ることで、

「無理に周囲の目に合わせることで出る心の歪み」

等が解るようになった。このように、心の中にある諸々を意識するためにも、上手な反省は大切だと思う。感情などを抑えつけることは、気力を押さえることになり、自分の力が十分発揮できなくなる。これを克服するためにも、正しい反省は大切だと思う。

「自分の感情を抑えつけているモノを外せば、大きな力が出ることがある」

これを上手に使っていくべきだろう。

« 反省するときの注意点 その3 反省の失敗 | トップページ | 『許す』をいう資格があるか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反省するときの注意点 その3 反省の失敗 | トップページ | 『許す』をいう資格があるか? »