ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 社会の分断を招いたのは誰か? | トップページ | 議論の底にある「日本教」的発想 »

2020年3月 4日 (水)

人間の多様性について

 ネット社会では、色々な情報が出てくる。そこでは、人間の多様性も見えてきた。

 例えば、罪を犯した人の行動に関しても、その後に自らの非を認め、しっかり償おうとする人、自分の犯したことに向き合わない人、色々な人がいる。

 これを見たとき、昔カウンセリングについて習ったときの『性善説』的な発想

「人は自ら良くなろうとする潜在的な力がある」
だから
「自分のことを受け入れてくれる人の力があれば良くなっていく」

の限界を感じてしまった。

 しかし、一部でも

「自分のしたことに向き合い反省し、善くなっていく人もいる」

ことも確かである。これは、学問と関係する(高学歴補でも品性下劣者はいる)問題ともいえない。ただし、周りの扱いで、少しでも善くなる場合もある。本人が気づくことでの変化も大きい。

 これができない人が一部いるが、その一部に捕らわれて、救える人を救わないのはだめだろう。このような、「悪の多様性」にもきちんと目をむくれるべきだろう。

« 社会の分断を招いたのは誰か? | トップページ | 議論の底にある「日本教」的発想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会の分断を招いたのは誰か? | トップページ | 議論の底にある「日本教」的発想 »