ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« IT技術による多面的な記述(再現)の可能性について | トップページ | 人間関係に関する感性の問題 »

2020年4月20日 (月)

学校的社会等の単一価値観への過剰適応について

 昨日、テレビ朝日のしくじり先生山口真由先生編を見た。私は、山口真由氏については、知性面では尊敬すべき人と考えているし、テレビ画面で時々見せる『かわいい!』雰囲気には好感を持っている。

 しかし、彼女の話を聞いていると、このブログで近頃注目している

「単一価値観への過剰適応」
「感情を学校制度などで押し殺す危険性」

の副作用についての典型例として、色々考えるべき問題が見えてきた。なお、山口真由氏は、彼女のたぐいまれなる能力(努力する力も含めて)により、現在社会への適応問題をクリアしているが、彼女ほどの力(努力)がない人のトラブルが問題と考えている。

 さて、「単一価値観への過剰適応」という硬い表現を書いたが、もう少し掘り下げると

「学校の成績だけで、全ての順位を付ける。極端な話、恋愛対象も成績で決める。仕事も成績対応で決める。」
つまり
「自分が『ほしいと心から思うことではなく成績という客観的なモノで決める」

という、学校の運営側には非常に便利な特性である。

 しかしこれが行き過ぎていると、

「大学の成績が全て」
さらに
「研究生活に入らないと存在価値なし」
「研究成果が人間の価値全て」

と言う、大学文明への過剰適応人材になった人もいる。実は、私も数十年前に、大学から企業に入ったとき、そのような挫折感を持っていた。

 このような、過剰適応を避けるためにも、

「人間の多様性に触れる」
「多様な立場を理解する」

機会を子供の時から与えて、また成人になるときにも、継続した人間関係による育成を考えるべきだと思う。

 なお、山口真由氏に関しては、テレビ番組での言動を見ても、少なくとも現在は、

「他人の立場に関して、きちんと思いやりができている」

と思う。

« IT技術による多面的な記述(再現)の可能性について | トップページ | 人間関係に関する感性の問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IT技術による多面的な記述(再現)の可能性について | トップページ | 人間関係に関する感性の問題 »