ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 情報不足の昔と情報過剰の現在 | トップページ | 維新が何故強いか解った気がする »

2020年5月13日 (水)

大阪のコロナ対策の力

 #吉村知事 率いる、大阪のコロナ対策は、突出して優れていると思う。この力を私は、『日本教』を忠実に実行しているからだと思う。つまり、『日本教』の教え通り

「指導者はきちんと全体像を持って皆を導いている」
「指導者は大衆を信頼している」

ので、

「市民に素早く情報公開し、参加させている」

ことが

「本当の意味の自粛=自発的な協力行動」

につながっている。例えば

「医療従事者のための雨合羽の提供」
に関しては
「寄付された雨合羽が医療従事者に渡るところを報道」

という形で、全員参加のサイクルを上手に回している。

 また、専門家の扱いも上手い。

「医療崩壊を防ぐことが第一優先」

と専門分野毎で異なる見解を、相互的な判断で整理している。これが本当の政治の働きだと思う。

 大衆も参加した、『日本教』的な対応は、ドイツなどの『規則主義』対応に勝ることを結果として示せるようしたい。 

« 情報不足の昔と情報過剰の現在 | トップページ | 維新が何故強いか解った気がする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 情報不足の昔と情報過剰の現在 | トップページ | 維新が何故強いか解った気がする »