ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 理想的な『被害者』で考えているのではないか | トップページ | 読書の方法 »

2020年5月 7日 (木)

心と意識そして智慧の関係

 被害者の話について、何回か書いたが、この問題は『心の傷』に関わってくる。そこでもう一歩踏み込んで

「心とは何か?」

と言う問題を考えてみた。

 天台の摩訶止観には、「心・意・識」を、三者は別のモノではあるが、バラバラでなく一体で動くとしている。仏教の大まかなまとめ方では

  • 心:広い意味では精神の作用全て、狭い意味では感情など、意識よりも基本的
  • 意:考える舞台
  • 識:意の上での判断など、識別の働き

という感じで捉えている。

 確かに、私たちは「意識」して考えるが、その結果に対して、満足や不満は別の感覚として起こることがある。これを、

「感情の働き」

と捉えると、そのようなモノかと思う。ここで、

「感情を生み出すモノは何か?」

ともう少し踏み込んでみよう。一つは、直接的な感覚による、快・不快感である。これをもう少し広げれば、今までに経験が生み出す『快・不快感』である。こうした今までの積み重ねが、

「言葉で言い表せず積もっている」 

モノを西洋文明では無意識といい、仏教の唯識では、マナ識、アラヤ識という。

 さて、このような『心』の傷をどのように治したら良いのだろう。仏教の教えには、『識』と『智慧』を分けている、ここにヒントがあるように思う。私たちは、学校の勉強に過剰適応していて、『知識』があると『智慧』があると勘違いしている。

「先生の指示する、正解を識別する」

力は、『智慧』とはいえない。本当の智慧は、

自分の体験や知識を広く見て、深く考え、偏見なしに必要なモノを見いだす力

ではないかと思う。

« 理想的な『被害者』で考えているのではないか | トップページ | 読書の方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 理想的な『被害者』で考えているのではないか | トップページ | 読書の方法 »