ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 人間を機械と見る | トップページ | 戦争の正義とは »

2020年7月31日 (金)

究極の自己責任論

 法華経を読むと、

「自分の中に仏の知見がある」

と書いてある。

 これは、とてもありがたいことであるが、ある意味では、とても厳しい、残酷とも言える言葉である。

 つまり、

「仏の知見があるなら、自分が解決しろ。」

と鋭く迫って来る。

 会社で、

「課長が馬鹿だから成果が出ない」

と愚痴を言っている時に、

「明日からお前が課長、成果が出ないなら責任取れ。」

という感じである。

 しかも、法華経の続きには、懺悔経と言われる、普賢菩薩のお経がある。このような

「社会が悪い」

という逃げが許されない、懺悔の厳しさは、真面目な人間には、特に鋭く迫って来るだろう。

 法華経を説いたとき、このお経には、厳しい反発があったと聞く。確かに、このような、懺悔はある意味で残酷である。そこで、法華経信者への迫害が出ることも、当然ながらあったと思う。

 しかし、

「自分の力、可能性を開き、社会全体として良くしていく。」

この気構えが、日本の「神様」と言われる人には、必要だろう。

 専門家に、責任転嫁せずに、自分の責任で、コロナ対策を行っている、大阪府の吉村知事等の生き方が、これに当たると思う。

« 人間を機械と見る | トップページ | 戦争の正義とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間を機械と見る | トップページ | 戦争の正義とは »