ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« コロナ対応は自衛隊の本務ではないか  | トップページ | 究極の自己責任論 »

2020年7月30日 (木)

人間を機械と見る

 人間を機械と見る、この様な発想は、工業化の過程で、起こって来る。

 農業のように、自然が相手の場合には、どうしても

「個々人の対応に依存」

する事が多い。

 しかし、工業の場合には、

「決められた作業で、規格通りに作れ」

と指示する。

 この発想は、

「人間を機械と見る」

ことに繋がっている。

« コロナ対応は自衛隊の本務ではないか  | トップページ | 究極の自己責任論 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ対応は自衛隊の本務ではないか  | トップページ | 究極の自己責任論 »