ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 正しいものは作られたもの | トップページ | 医療従事者という言葉の力 »

2020年7月 2日 (木)

コロナ専門家会議に欠けているもの

 コロナ専門家会議については、いろいろな議論があるが、一つ見えて来たモノがあるので、忘れないよう書いておく。

 私は現在、皮膚科の病気で入院中である。そこで一つのハプニングがあった。同じ病室の患者さんが、立ちくらみでこけて、頭を少しぶつけたらしい。その時、近所で作業していた方が、看護師を呼び、自分が聞いた音の状況等を上手く説明し、協力してベッドに戻していた。その後、当直医も来て、頭を打ったということでCTをとり、

「一応大丈夫だが、放射線科の専門医に読見取りを願う。」

という話になった。

 その後、皮膚科の主治医が様子を見に来た。そこで

「CTの状況は私も確認します。」

と、凛として言い切った。

 読図の専門は放射線科だろう。しかし、その分野に近い専門家は、隣接分野の専門家を評価出来る。これが、ポランニーが言った、専門分野の繋がりでの保証だろう。更に、患者の立場で考えると、信頼感のある主治医の説明が受け入れ安いだろう。こうした安心への配慮ができている。

 さて、コロナ専門家会議は、これができているか?まず、隣接分野の相互評価が、あったか?あってもそれが大衆に伝わっただろうか?も一つ言えば、大衆を信頼させる「主治医」の役割を誰が担っただろうか?

 もっとも、大衆相手は政治の仕事という発想もある。それなら、政治家に対する「主治医」役は誰が担っただろうか?

 このような議論も必要かと思う。

« 正しいものは作られたもの | トップページ | 医療従事者という言葉の力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正しいものは作られたもの | トップページ | 医療従事者という言葉の力 »