ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 東大法学部の力とその限界について | トップページ | 大坂なおみの苦しみを理解するためには »

2020年9月20日 (日)

地域のリーダーを中央でコントロールすべきか

 大阪での『地域政党維新』の活躍を見ると、中央の権力と一線を画した、地域の力というモノを感じる。ここから少し、明治維新とその前の江戸時代を考えてみた。まず、江戸時代には、各藩が独自性を持って支配し、さらに地域の豪商・豪農や寺などが、民衆を指導していた。これはよく言えば独自性を持った指導であるが、悪く言えばバラバラで、玉石混淆の状況であった。

 これに対して、黒船来航やアヘン戦争による西洋文明の侵略の危機は、国としてまとまった対応が必要になる。そのためには、中央集権的な政策で、指導を一律に行う必要があった。色々な制度ができたが、中央の指導で全国一律という発想が根底にある。この状況で、指導者としては、学校教師や巡査などの役人たちが働いた。

 こうした中央のコントロールで、一律な社会を作り、人材の底上げを行う発想は、昭和の高度成長までは無事働いたと思う。

 しかし、多様化した社会への対応には、『地域の独自性重視』の発想を、もう一度考えるべきである。

 ただし、江戸時代のような、野放しではなく

「他の地域の良い物は取り入れ、間違いを指摘される開放性」

を持った上で、地方の独自性を生かしていくべきだと思う。

 数あわせや、他所の模倣だけでは、地域の活性化の指導者は生まれない。しっかりした方法論が必要だと思う。

« 東大法学部の力とその限界について | トップページ | 大坂なおみの苦しみを理解するためには »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東大法学部の力とその限界について | トップページ | 大坂なおみの苦しみを理解するためには »