ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 心があたたくなる冊子 | トップページ | 反・『反ポピュリズム』 黒幕政治から大衆参加の民主政治へ »

2020年10月 4日 (日)

政治家の発言は大衆にも支持される論理的な展開であってほしい

 杉田水脈議員の発言が、色々と物議を醸し出している。

 https://www.j-cast.com/2020/10/02395817.html  

現状では、彼女の言わんとすることが、きちんと伝わっていないのは確かである。

 この問題は、現在の政治家とマスメディアの両方に、罪があると思う。私の主張は

政治家もマスメディアも、一般大衆の納得する、きちんとした論理展開を示すべき!

である。

 例えば、今回の杉田発言に関しても、

  1. 一般原則として
    「事件の当事者の片方から一方的な主張を受け入れると間違う危険性がある」
  2. 事例その一
    「痴漢えん罪」
  3. 事例その二
    「強制性交事件の加害者側が『同意の上』と主張する」
  4. 事例その三
    「韓国の慰安婦に関する主張」

と言う風に、一般論と具体例を整理して展開する。特に、具体例を多様に展開するコトで、視点の偏りを予防する。

 これぐらいの配慮を、政治家の発言には求めたい。ワンフレーズ政治だけでは、大衆の納得の上での支持を得ることは難しい。

« 心があたたくなる冊子 | トップページ | 反・『反ポピュリズム』 黒幕政治から大衆参加の民主政治へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心があたたくなる冊子 | トップページ | 反・『反ポピュリズム』 黒幕政治から大衆参加の民主政治へ »