ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 政治家の発言は大衆にも支持される論理的な展開であってほしい | トップページ | 大衆参加を本当に実現するために »

2020年10月 5日 (月)

反・『反ポピュリズム』 黒幕政治から大衆参加の民主政治へ

 昔買っていた、新潮新書『反ポピュリズム』を読んだ。著者は、読売新聞の主筆であった渡邉恒雄で、見識はあるが好きには成れない人物である。

 

 前に読んだときに反発を感じたが、今回その反発内容が見えてきた。つまり

『知識人の独占政治』または『黒幕政治』

『大衆参加の政治』つまり『大衆の納得理解の政治』

の対立である。

 この本でも、橋下徹を意識しているが、橋下氏は大衆参加に関して大事なことを言っている。

専門家が、法的根拠等について、厳密に論理を添加し手いくことは重要である。
しかしながら
「大衆が、何か納得できない」
と言う不満も大切にしないといけない。

これは、弁護士である橋下徹の経験が言わせたモノであろう。つまり、

「弁護士の立場で法廷で争うときには、きちんと法廷の論理で議論する。」
しかし
「一般人の納得できない法廷テクニック的なモノへの反発は大事にしないといけない」

と言う問題である。これは、光市の殺人事件裁判の懲戒問題の時に、彼が板挟みになった状況からも見える。

  • 弁護士としての法廷テクニックとしての裁判引き延ばしは仕方ない
  • 被害者家族が傍聴に来たのに無駄足させた大衆の怒りも解る

つまり、専門家の事情が大衆の支持を受けなくなったときの怖さを彼は知ったと思う。これが維新の

「ふわっとした民意を大事にする」

と言う姿勢につながっていると思う。

 一方、渡邉恒雄の行動は、黒幕政治そのものであり、自民党の実力者を通じて、竹中改革を潰したり、大連立を仕掛けたりしている。

 このような、一部の人間だけの密室政治が、現在は成立しなくなってきていると思う。

 なお、大衆参加に関しては、多くの手間とコストがかかる。これに関しては長くなるので、別の議論としたい。(続く)

  http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-b51c58.html

 

« 政治家の発言は大衆にも支持される論理的な展開であってほしい | トップページ | 大衆参加を本当に実現するために »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 政治家の発言は大衆にも支持される論理的な展開であってほしい | トップページ | 大衆参加を本当に実現するために »