ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« アメリカ人の教育政策の失敗について | トップページ | 学者の戦争への関与について »

2020年11月18日 (水)

「照準と修正」という観点から見えてくる

 太平洋戦争中のアメリカ軍は

「照準は上手だが、修正は下手」

であった。ここで、照準というのは、最初に狙いを付けることで、敵のいる予想位置に対して、一発目を打ち込むことまで含んでいる。次の修正とは、前に撃った砲弾が外れたときに、狙い直して調整することである。アメリカは日本に比べて優れた、レーダーやアナログ計算機などの技術を活かして、日本の艦船や飛行機の位置を予測する力があった。そこで、

「照準は上手」

となっている。しかしながら、当時のレーダーやアナログ計算機は、大きな設備で操作も大変で、稼働時間もかかる。従って、一度計算が終われば、その後の修正まで計算機を使うことはできなかった。その結果

「修正は下手」

と言う結果になる。このような相手と戦うときには、

「とりあえず一発目を外せ!」

が有効になる。相手の方に突っ込む形なってもよいから、今までの延長した場所にいないようにする。これが生き残りの対策になる。

 なお、日本の軍隊にはそこまでの科学技術も資源も無い。アナログ計算機の概念は知っていても、信頼性の高い真空管をたくさん供給できないから、実現は不可能である。従って、

「個人の技を磨き、優れた人間に任せる」

方法で対応した。その場合には

「どちらかというと修正が上手」

な傾向がある。

 さて、この話は

「戦争における銃砲を命中させる」

と言う問題としてだけ考えるのは、もったいない感じがしてきた。一般的に

「事前準備をきちんとして、時間をかけて検討する力」

「現状を見て機敏に修正していく力」

には、共通する部分と、別の部分がある。この違いをきちんと考えて、使い分けをしないといけない。

 また、

「修正下手」

に対して、アメリカが取った

「科学技術的な対応」

と言う発想も、学ぶべきモノがある。つまり、

「照準で近所まで行けば、その後はミサイルが自動的に目標に向かう」

と言う、

「修正を機械に行わせる」

発想での対応がある。このように、

「あくまで科学技術で対応し、個人芸に対する依存を少なくする」

発想は、第二次大戦後中からアメリカ人が得意とした。私たちは、このアメリカ的発想の影響を、意識していなくても受けているように思う。

« アメリカ人の教育政策の失敗について | トップページ | 学者の戦争への関与について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ人の教育政策の失敗について | トップページ | 学者の戦争への関与について »