ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 知恵の種類について | トップページ | コロナ対応で考える日本文明の特異性 »

2020年11月21日 (土)

悪い物から目をそらさないで議論すべき

 昨日、コロナのワクチンが日本で開発できない理由の一つに、

  「軍事に関する研究に目をつぶっている」

  https://twitter.com/suzyoshi1/status/1329298753686175744?s=20

とTwitterに書いた。

 しかし、この問題はもっと広げて、議論すべきではないかと思う。現在の学術会議等の

「国防研究拒否症」

は、本質的に

「目をつぶっていれば、悪い物はない」

と言う発想である。しかし、世の中には、色々な国や支配者がいる。これと向き合わずに、「平和憲法」と唱えるだけで良いのだろうか?

 さて、もう一つ別の問題を考えてみよう。これは、犯罪被害者の

「復讐権」

に関する議論である。私はある番組で、『人権派』の弁護士が

復讐権という物は存在しない

と公言したのを見ている。ただしそれは他の弁護士からたしなめられていた。私は、

「被害者が復讐の感情を持つ」

のは正常なことと考えている。ただし、

「法治国家として、被害者の復讐権を取り上げて、法の裁きとした」

いる現状がある。しかし、被害者の感情などにきちんと向き合い

「復讐権とはどうあるべきか」

と言う議論がきちんと行われるべきではないかと思う。ハムラビ法典の

「目には目を」

と言う項目は、

「復讐の限度をきちんと示した」

機能がある。このような面から議論を積み上げるべきだと思う。

« 知恵の種類について | トップページ | コロナ対応で考える日本文明の特異性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知恵の種類について | トップページ | コロナ対応で考える日本文明の特異性 »