ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 会社の存続という問題 | トップページ | 「アメリカ教」についてもう少し »

2020年11月12日 (木)

「アメリカ教」があるか?

 このブログでは、山本七平が見いだした「日本教」について、色々と述べている。「日本教」は、キリスト教をはじめとする、ヨーロッパ文明に対比して考えると分かりやすい。

 しかし、ここで「アメリカ文面」について、考えてみると、「日本教」と大きく異なる、しかもキリスト教の文明とも、根本で異なるモノが見えてきた。今回は、私が考える

「アメリカ教」

について、議論する。今回議論する「アメリカ教」は、第二次世界大戦の戦勝国であり、しかもソビエト等の共産主義勢力と、正面から対決していた時代の産物である。当時アメリカで熱狂的に売れたSF作品から、当時の共産主義への反発というか、恐怖が伝わってくる。(実際、大統領の速記にまでスターリンの手が伸びていた。ソ連の侵略はそこまで来ていた。)

 私が、注目しているのは、E.E.スミスの一連の作品である。彼の代表作のレンズマンシリーズでは、人類の最強の遺伝子を組み合わせ新しい「宇宙の守護者」を生み出すというアイデアが組み込まれている。この作品が示しているモノは

  • キリスト教などとは違い、優れた人間は「全能の力」を持つことができる
  • 日本教と違い、優れた人間が権力を持って、一般庶民を救う
  • 科学に対する無邪気な楽観主義

であり、日本教ともキリスト教徒も違っている。

 なお、科学に対する無邪気な楽観主義は、二十世紀末には崩れていく。

 しかし、「アメリカ教」という戯概念で少し見えるモノがある。

« 会社の存続という問題 | トップページ | 「アメリカ教」についてもう少し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会社の存続という問題 | トップページ | 「アメリカ教」についてもう少し »