ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 今回の共通テスト問題を見ての感想 | トップページ | 詩人の教育的な役割について »

2021年1月19日 (火)

「国師」がいない?

 昨日の菅総理の所信表明には、色々と酷評している人が多い。確かに、コロナに対する対応も不十分だし、この国の将来ビジョンも見えない。しかし、この問題は総理を責めるだけで良いのだろうか?

 まず、コロナの問題に関しては、早急なるワクチンの接種で、集団の免疫力を増加する以外に、根本的な対応策は見えていない。また、コロナによる経済の落ち込みは、もっと対応が難しい。「GOTO~」で景気が良くなる、直接的な効果を期待できそうに無い。

 さて、もう少し見方を変えて

政策を考える智慧はどこにあるのか?

と言う問題を考えてみよう。

 政治に強烈なリーダーシップを求める。この場合、多くは「カリスマ」の出現を求め、彼の智慧に皆が従うという形になる。ただし、個人の能力を超える場合には、彼を支えるスタッフの黒子としての働きもある。

 一方、アメリカなどのようにシンクタンクが独立して存在し、そこから多様な提案が出て、それを政治家が選ぶという形もある。日本の場合には、霞が関の官僚機構が「日本最大のシンクタンク」としての働きをしていた。ただし、霞が関の官僚が一番効果を発揮したのは、戦後の高度成長であり、そこでの方針は

「アメリカに追いつけ」

と言う単調成長路線で、

「将来ビジョンを自分で描く必要なし」

と言う面もあった。

 さて、現在のような、多様化対応の時代には、政府に対して、色々な側面から建設的な意見や、ビジョンを言う人間が必要になる。

「現在こそ『国師』と言える人財」

が必要だと思う。なお、『国師』といっても、

「カリスマ的な権威で教えを押しつける」

人ではなく

「皆が納得するように教えを説く」
そして
「他人の意見の良いところを受け入れて修正する」

柔軟性も必要である。現在の学者や専門家には、このような面が少し弱いように思う。

« 今回の共通テスト問題を見ての感想 | トップページ | 詩人の教育的な役割について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今回の共通テスト問題を見ての感想 | トップページ | 詩人の教育的な役割について »