ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 「トリアージ」などの危機対応について | トップページ | 「国師」がいない? »

2021年1月18日 (月)

今回の共通テスト問題を見ての感想

 昨日と今日の朝刊に入っていた、共通テストの問題をちらっと見た。第一感触は、

「文字数が多すぎる!」

である。確かに、『読解力重視』と言うことは解る。しかし、これだけの文字数を、限られた時間で読むことができるのだろうか?もっと言えば

「浅く素早く読むスキル」

を身につけた人間を選ぶための試験ではないか?という感じまでしてしまった。

 確か昔の公務員試験には、このような

「大量の情報を素早く読み処理する力」

を求めていたが、大学でもこれを求めるのだろうか?

 さて、内容面から言うと、

「理解してその上で考える力」

を求めているのは感じた。これは悪くないと思うが、試験時間という

「短い時間での判断」

ができるのだろうか?この疑問が浮かんできた。特に国語の問題は、どうしても

「短い部分を切り出し」

ての議論となる。これで本当の力が解るか、私は疑わしいと思う。逆に言えば、

「国語の独立した試験が必要か?」

と言う議論があってもよいのではないか。これは、国語を軽んじるのではなく、今回の試験では

「読解力が無ければ、社会は当然、数学や理科も解けない」

と言う状況を考えると、国語の試験が必要かという議論もあっても善いと思う。 

« 「トリアージ」などの危機対応について | トップページ | 「国師」がいない? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「トリアージ」などの危機対応について | トップページ | 「国師」がいない? »