ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 西洋文明の根底にあるギリシャの哲学 | トップページ | 『無限』という概念の力 »

2021年1月 5日 (火)

プラトンの『国家』を時代背景を見ながら理解する

 先日から書いている、古代ギリシャの哲学の意味を、当時の時代背景を思いやりながら、もう一度考えて見た。

 まず、『国家』について、当時の状況を考えて見よう。ソクラテスやプラトンが考えていた『国家』は、

「アテネと言う都市国家」

であって、私たちがイメージする『近代国家』とは大きく違っている。そこでは、

「都市国家を支えるよき市民」

をどのように育成するかが重要な課題になる。

 当然現在のような法制度も、教育制度もない。そのような状況で、若い人育成方法として

「先人の英雄の活躍を叙事詩として伝える」

と言う方式である。先人の経験を伝承することで

「よい行動を伝える」

ことが教育方法であった。しかし、ソクラテスやプラトンはこれから一歩踏み出した。それは

「物事の本質を見抜く」

ことで、『国家』に必要な人材の

「あるべき姿を描く」

可能性を見いだそうとした。ここで、彼らの頭に浮かんだのは

「ユークリッド幾何学の普遍的な性質」

であった。このようにして、『イデア』の発想が出てきた。

 ここまで『国家』を読むと、プラトンの『哲人政治』の本質は

「物事の本質を見抜いて、あるべき姿を見いだす力を持つ『哲学者』に政治をさせる」

こととわかる。これは、政治家の資質としては必要な力だと思う。決して

「哲学の学位を持った人間」
特に
「カントがXXと言った」

「〈空気によって)戦争協力のため日本人の優位性を論じる」

哲学科の『大先生』に政治をさせることではない。

« 西洋文明の根底にあるギリシャの哲学 | トップページ | 『無限』という概念の力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西洋文明の根底にあるギリシャの哲学 | トップページ | 『無限』という概念の力 »