ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 民主主義と独裁のそれぞれの欠点 | トップページ | 空海の姿勢に学ぶ »

2021年1月 8日 (金)

トランプ大統領の敗因

 今回のアメリカ大統領選挙において、昨日の議会暴動騒動で、とうとうトランプ大統領が自滅した。前にも書いたが、トランプ大統領は、

「従来の専門的政治家の約束事は無視するが法律は守る」

トランプ大統領候補は遵法的: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

と言う線を崩していなかった。これは、アメリカの大統領選別制度においても、

「法的な不備はあっても『政治の専門家』の良識で上手く運営」

されていた、従来の慣例を破っ手、法廷闘争などで

「負けっぷりの悪さ」

を示していた。これは、ある意味

「政治を素人に取り戻す」

と言う面で、一部大衆の支持を得ることになったと思う。

米国の大統領選挙について思うこと: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

しかし、今回の議会での暴動に絡んだ言動は、一線を越えてしまった。

 これはトランプの自滅だと思う。

« 民主主義と独裁のそれぞれの欠点 | トップページ | 空海の姿勢に学ぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 民主主義と独裁のそれぞれの欠点 | トップページ | 空海の姿勢に学ぶ »