ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 心に届く言葉とは | トップページ | プラトンの『国家』を時代背景を見ながら理解する »

2021年1月 4日 (月)

西洋文明の根底にあるギリシャの哲学

 今年の書き初めとして書いた記事の続編として、ソクラテスやプラトンが西洋文明に残した功績を考えてみた。

ソクラテスやプラトンが見た世界: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

 この機序の終わりに

ソクラテスやプラトンは

「(幾何学にような)真理を求める力が哲学者にある」

と言う発想で、哲学者による支配や教育を進めようとした。

 なお、幾何学的な世界観には、論理の単純化が必要である。これは別途考えてみたい。

と書いた。この論理の話について、もう少し説明したい。まず、小学校や中学で、図形の扱いを学ぶとき、自分で三角定規とコンパスを使って作図した経験があるだろう。その時、同じ図形というモノが描けただろうか?もう少し言えば、斜辺が5センチ、その上に4センチと3センチの辺を描く、この三角形が直角三角形になるのは、ピタゴラスの定理が示すところである。しかし作図したとき、綺麗な直角が得られただろうか?

 私は

「鉛筆の芯の太さなどによる誤差で同じ図形など描けない!」

と言う記憶がある。

 このように、自分の手で描く図形では

「同じと言うことが確かめられない」

状態だが、

「本質的に同じである」

ので

「本質の世界で考えれば同じにできる」

と言うのが、幾何学の誕生であり、これを一般化したのが

「イデア」

の発想である。

 なお、このような『理想化』した世界では

「中間的なモノがないので、成立/不成立の2値論理が使える」

状況になる。このような割り切りが、西洋文明の科学科に役立ったと思う。

 なお関連記事は以下の通り。

抽象化を使えるということ: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

抽象的な一般論と具体的な展開の関係: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

学問の形態について「テトラレンマ」の発想から: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

東洋の論理について: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

 

« 心に届く言葉とは | トップページ | プラトンの『国家』を時代背景を見ながら理解する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心に届く言葉とは | トップページ | プラトンの『国家』を時代背景を見ながら理解する »