ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 自分で教科書を書く効果 | トップページ | 格差は乗り越えたが・・・ »

2021年2月27日 (土)

「わきまえない女性」に助けられる話

 少し古くなったが、森元総理の「わきまえない女」発言について、思いついたことがるので書いておく。

 私は昨年、ある難病で入院した。その病院で、色々な診察と治療を受けたが、そこで多くの女性医師に助けていただいた。彼女達に共通する点は

「患者のことを第一に考え他の医師の了解へも踏み込む」

点である。私の主治医は、男性であったが、その科にいたA女医も、私の症状について色々とケアをして下さった。特に

「メンタル面のサポートまで踏み込む」

姿勢を感じた。これは、普通の医師なら

「看護師に任せる領域」

ではないかと思う。また、別の科のB先生は、私の飲んでいる薬の副作用などにも、ある程度踏み込んで説明してくださったし、私がそれまで治療を受けていた地域の医者の治療に関して、少し不安を抱いていると感じたら

「この件は、こちらで見つけた症状なので私が継続してみます」

と安心させてくださった。

 なおA女医は、私が入院中に同室の患者がベッドから落ちた時

「念のため頭のCTを取りました。脳の専門家に見てもらいますが、
私も画像を見たところ大丈夫と思います」 

と主治医として、患者の全体的な面倒を見る姿勢が強くでていた。

 これが、「立場をわきまえる」人たちなら、

「専門以外には口出さない」
「同業の医者のことは悪く言わない」

と言う対応を取るだろう。

 しかし、「わきまえない女性」はそこを踏み越えて、

「患者のために」

自然に行動している。ありがたいことである。

 なお、彼女たちは、現在より厳しい状況で、医学の道に進んだのだろう。それだけの力に裏打ちされた行動ではと思う。

« 自分で教科書を書く効果 | トップページ | 格差は乗り越えたが・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分で教科書を書く効果 | トップページ | 格差は乗り越えたが・・・ »