ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 格差は乗り越えたが・・・ | トップページ | 今回の接待疑惑に関して »

2021年3月 1日 (月)

社会科学に対するAI活用のアイデア

 日経BPで、コトラー教授のマーケティングの話があった。

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/20/00041/022200001/

彼の提案するマーケティング5.0は

「機械学習などを活用したモノ」

らしい。

 私は最初これを聞いて

「AIで市場の相関関係を見いだすぐらい」

と甘く見ていた。それなら

「しっかりした仮説を作り検証する力が必要」

なので、人間の力に依存する面が大きい。しかし、Q&Aを聞いていると

「AIで人間の行動モデルを作り市場の動きを見る」

と言う方向が見えた来た。これはとても大きなモノが出てくると思う。

 これで、社会科学においても,シミュレーションによる実験ができる、という可能性が拓かれた。これは、技術の世界で設計支援環境に組み込まれたシミュレーションのように、市場検討などでもシミュレーションの可能性を拓くモノである。

 従来も、「囚人のジレンマ問題」をコンピュータシミュレーションで解いた事例はあった。しかしそれは、専用ソフトでの対応である。現在のAI技術なら、汎用的な

「市場行動シミュレータ」

としての人間モデルができるだろう。更に言えば、コンピュータ将棋で行っているように、人間モデルが自動的に機械学習で成長することも可能になる。

 ここまで考えると、社会科学のシミュレーション的実験が、手軽に行えるようになると思う。

« 格差は乗り越えたが・・・ | トップページ | 今回の接待疑惑に関して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 格差は乗り越えたが・・・ | トップページ | 今回の接待疑惑に関して »