ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

« 社会科学に対するAI活用のアイデア | トップページ | 勉強の理由を納得していく »

2021年3月 2日 (火)

今回の接待疑惑に関して

 総理の息子の絡む、接待疑惑で、一人あたり7万円の食事と言う違法行為で、内閣広報官が辞職する事態になった。この話は、辞職した内閣広報官が『女性』であったので、

「山田広報官は菅内閣の強権政治の犠牲者」

と言う論調で、一部野党が叫んでいる。

 しかし、今回の接待内容を見ても、どうも直接的な許認可の、利益供与には至らない感じがする。接待の目的は

単なる情報収集

であり、出席した官僚も

気軽に愚痴をこぼせる場

という感じで参加していたように思う。

 私は、志ある有能な官僚には、レスペクトすべきだと思う。しかし、今回の山田広報官の動きを見ると、

調整が上手い

と言うレベルであり、これを大事にするかというと、一寸違う感じがする。

 本当に大事にすべきは、

長期ビジョンと大局観を持って政策を実行する官僚

ではないかと思う。

 このような評価が、ある程度はできる程度に、現在の日本の知的レベルは上がっているように思う。例えば、大阪府のコロナ対策では、保健行政の有能な官僚の働きが見えて、これを大阪府民は評価している。

 これを考えれば、官僚のビジョンを、もっと民衆に見える形で示していくのも善いのでは無いか。

« 社会科学に対するAI活用のアイデア | トップページ | 勉強の理由を納得していく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会科学に対するAI活用のアイデア | トップページ | 勉強の理由を納得していく »