ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年6月21日 (日)

病気と後天的なモノの違いについて

 先日、HSPについて、解説資料を読んだ。この人たちの状況に関連して、発達障害者の過剰適応の問題がある。

 両者は、

「人に対して気を使いすぎる」

という外見的な症状では、同じ様に見えるかもしれない。しかし,脳内の構造は全く違っている。

 HSPの人は、そもそも感受性が高い、いわば高感度センサー所有であり、センサーの敏感さに対して、フィルターをかける必要がある。

 一方、過剰適応者の場合には、センサーの感度は高くない,それどころか低いことを自覚しているので、その後での脳内の処理が活発に働き何とか補おうとする。その結果、頭の働きか過剰になって疲れてしまう。

 さて、このような人々に対しては、対応が同じで善いのだろうか?

 まず、HSPに対しては、「ある種の病気」と言うことで治療という感じになる。薬での治療などという話になると,周囲の理解も得やすくなる。

 一方、過剰適応者に関しては、後天的に身についたモノだから、訓練等で何とかならないかという発想がある。このとき周囲の目が、

「努力すべき」

と厳しくなる場合がある。

 この違いについて、もう少しよい答えがほしいが,どうも出てこない。

2020年6月 3日 (水)

コロナ危機の後で

 コロナ以後の社会が、色々と動き出している。この機会に、今までの弊害を修正すれば、V字回復の可能性がある。そこで、私なりのヒントを探してみた。一つの切り口は、

『テレワークの普及』

である。これは、事務所のスリム化などで、経営的な資産も軽くなってくる。但し、私はここにもう一つ、大きな問題の解決可能性を見ている。それは、

「就職氷河期などの若冲年の『引きこもり者』の社会活動への参画」

のハードルを下げる効果がある。自室から出なくても、IT技術で社会とつながる。仕事にもつながってくる。こうして、『引きこもり者』の社会復帰への道が開けるようになる。

 なお、就職氷河期のトラブルの根底には、親の世代の問題がある。彼らの

「良い大学を出て、大企業に勤める」

と言う単純な価値観で支配された子供が、

「一度挫折すると、社会から取り残されたと思う」

ことで引き困っている人も少なくない。

 コロナ危機で、色々なモノが混乱しているとき、従来の価値観を壊すこともできるから、この機会に引きこもり脱出できる人もいると思う。

2020年5月30日 (土)

就活の予定が変化した学生に対して助言

 今回の自粛ムードで、学生のバイトや部活または留学等の海外経験が、無くなった人もいるだろう。

 そのような人の中には、

「就活の時の売り文句がなくなった!」

と困惑している人もいるだろう。

 しかし、そもそも論から言えば、学生の採用時に見るべきモノは、地頭や学問的知識であり、バイトや部活というのは少し間違っている。確かに留学は少し違うかもしれないが、そのような本筋から考えれば、対応策は見えてくると思う。

 私が考える、現在の状況を踏まえた、就活生の戦法は

「知性をいかにPRするか」

である。例えば

  1. コロナ対応の日本と種外国との比較検討を、文化的なモノなどで加味して検討する
    ->この成果は今後の市場検討に使える
  2. コロナ以降の働き方はどうあるべきか提案する

等のレポートを、一度作ってみる。このようなモノも良いのではないかと思う。

 このために参考になる本は以下の通りである。

 

2020年4月21日 (火)

感性が鈍いから改善ができない

 昨日書いた,人間への感性について、もう少し話を一般化して考えてみた。

 色々な物事に対して、

「微細な違いを感じる力があるか?」
と言う問題は
「成長を見いだす力」

と関連している。学校教育のように

「決められた教材をこなすことでの成長」

ならば,このような微細な感性はいらないかもしれない。もう少し言えば

「教材の中に確認事項が入っているので成長が解る」

と言う仕組みがある場合も多い。

 しかしながら、新しい分野を切り開くときや、自力で成長するときには

「自分で成長したことを評価」

しないといけない。このためには

「できるだけ細かな成長・改善を感じる力」

があれば、段階的な成長が可能となる。感性が鈍い場合には

「大きな違いが出る場合しか解らない」

ために、小さな改善の積み重ねができなくなってしまう。

 日本企業が,改善上手だったのは,このような

「小さな進歩を確実に認める」

現場の指導者の力が大きいのではと思う。

 実は私自身、大学を離れたとも、個人的に色々と考えていた。しかし、大学の指導者との関係が密では無かったため、論文としてまとめるとき,どうしても大技を狙ってしまった。この結果、最後まで書けなかった悔いが今も残っている。

2020年4月20日 (月)

人間関係に関する感性の問題

 人に対しての感性について、少し考えている。

 まず、数値化できないものに関する、感性の弱さである。科学的な扱いということで、数値化したものだけを重視している弊害がある。

 さらに、

「言葉に出して言う」

事に対する要求が強くなっているように思う。

 これは、裏返すと、

「声に出さない者を無視する」

傾向につながっている。

 この結果、人間関係の口に出さない、感謝や不満、この積み重ねで動いていた部分が、徐々に弱くなっているように思う。

 しかし、声に出せないレベルの「感情の動き」が人々に影響を与えるものはあると思う。

 これを上手く使う必要がある。

2020年4月 4日 (土)

新規の仕事について お茶くみ の意味づけ

 新年度に入って、新しい仕事についたり、仕事が変わる人も多いと思う。

 さて、ここで新人が「お茶くみ」等の、いわゆる「雑用」と思う仕事をさせられることは少なくない。しかしながら、

「お茶を出す」

ことの価値をどれほど考えているだろう。

 お客様にお茶を出す、これは

「お客様に対する歓迎の意思表示」
であり
「お客様に好意を持ってもらう最前線の仕事」

である。このような気持ちが第一である。一方、もう一つの意味がある。それは、

「お茶を出す機会にお客様に触れる」

ことである。これは良い人財に触れる機会でもあるし,自分が人を見る目を磨く機会でもある。

 こうして人を見る芽が出てくると

「お茶を出すプロ」

としての仕事が出てくる。私の経験で参考にしてほしい。

 私は、対人スキルにおいて、自信が無い面がある。そこで、他人の評価を大事にしている。だから,会社勤めの時は、来客時には一番信用のおける部下に,「お茶出し」をお願いすることが多い。彼女も心得ているので,私が接客しているとき、適当なタイミングでお茶を出してくれる。

 その後、何か気になることがあれば、二人きりの時率直に意見を言ってくれる。通常は何も言わないことで、

「あの人は大丈夫」
「今の対応で良いと思います」

と言うメッセージが送られてくる。

 特に私が迷っている時には

「私もあの人は難しい」

と正直に言ってくれることで、自分の気持ちが晴れることもある。

 このようなお互いを大事にしている環境では、一つ一つの仕事に深い意味が出てくるだろう。

2020年3月29日 (日)

学問知識は成長したが感情面の豊かさは?

 昨日書いた、本当の納得に関する議論で、もう少し思いついた。つまり、

「現在の学校教育で成長するモノは何か?」

と言う問題である。もう少しこれを分けると

  • 学校教育に期待しているモノ
  • 実際に身につくモノ

の誤解があるように思う。つまり、多くの人が学校教育に期待するのは

「学校教育によって『全人格的に』成長する」

である。確かに、学校生活や交友関係、部活動などにより

「知識以外の面も成長する」

可能性は大きく、実際に成果が出ている。例えば、採用面でも

「四大卒の方が人間的に成熟している人が多い」

と言う感想がある。

 しかしながら、学校側の最低限の責任は

「知識などの教育」

であり、感情面や人格面の成長は副産物という扱いである。

 もう少し踏み込めば、

「経済面など家庭事情などで、友達交流できない子、部活もできない子」

等の、『知識外の成長』は学校の責任とはいえない。

 こうして

「感情面や対人スキルなどの成長ができなかった子」
特に
「成績だけが優秀な子」

は、この後

「自己責任で対人関係を切り開け」

となっているように思う。しかしながら、生活体験が貧弱な場合に、このような切り開きができるのであろうか?

 これで本当に上手くいかないから、色々な歪みが出ているように思う。

2020年2月23日 (日)

学問的知識の活用法

 先日から書いている、経験と哲学者の問題について、今日は別の切り口で考えてみたい。昨日までの記事はこちら

http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-14ec1e.html

http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-2c75c6.html

 今回議論するのは、現在あるモノや経験に対する知識の活用である。これは、とても大切なことであるが、このスキル教育が現在はおろそかになっているように思う。

 知識の活用の一つの場面は

『トラブル発生時の原因究明』

である。先日亡くなった野村克也名言の

『負けに不思議の負けなし』

にもあるように、トラブル発生時には何らかの原因がある。このような原因追及は、絞り込んでいけば、

『原因ー結果』

の明確な関係に追い込むことができることが多い。確かに複合的な要因や、不確定な外部環境の影響もあるが、多くは理論的に解明できることが多い。こうして

『物事を単純型モデルで説明できる』

状況になれば理論的な知識が有効になる。ここで『単純化』に関しては、経験要素があるので、先輩達から伝授を受ける必要がある。

 さて、もう一つの知識の利用は、

『成功体験の理由付け』

である。野村流の

『勝ちに不思議の勝ちあり』

『不思議を解明する』

ことができれば、経験の活用を間違えない様になる。過剰なまでの一般化による失敗、慎重になりすぎての機会損失、両者を防ぐために、

『どのようなからくりで成功したか』

を理論的に解明する。このためには、

『ある程度理想化・単純化したモデル』

を作り上げて、理論的な検討ができるスキルが必要になる。

 これが本当に役立つ知識だと思う。

2020年2月22日 (土)

新しいモノを作り上げる方法

 昨日の続きで、新しいモノを提案するための考え方を書いてみたい。私も40年ほどの会社員経験で、新しいモノの提案は難しいと言うことを、身にしみて知っている。その教訓の一つは

「斬新なものほど、完成度が高い形で提案しないといけない。」

これは、

「今までの常識を覆すモノは、多くの人には、ある程度の形にならないと、全く理解できない。」
「見える形になると色々とケチを付けたがる。」

と言う現状に対して、多くの人を巻き込むためには、

「ある程度の形を見せ、それに多くの意見を組み込んで、関係者としての応援者を増やす。」

と言う作戦である。

 さて、このように新しいモノを造るためには、以下の2+1の側面がある。

  1. モノができる可能性を示す
  2. できたモノが実用になるようにする
  3. そのモノの使える範囲を割り切る

この3つめ(+1)は、新しいモノを提案したときの失敗にある

「期待されすぎ、失望で全滅する。」

の対策である。世の中での、「XXブーム」が途切れるのは、このパターンが多い。

 さて、『可能性を示す』と『実用になるようにする』を分けたのは、これを分けると仕事がやりやすくなるからである。まず最初に、理想的な条件だけで組み合わせて、骨組み的なモノを造っていく。これは理論的知識の活躍が大きい。つまり哲学者的な思考も役立つ範囲である。

 しかし、このような可能性を示す『プロトタイプ』は、現実の多様性に対して弱い物になりやすい。そこで色々な経験を加えて丈夫なモノにしていく。この段階では、色々な人の意見を聞くことも大切である。ただし、全てを聞いて取り入れる必要は無い。

「できないことはできない」

これを宣言していくことで、期待外れの敵対者を防ぎ、決められた範囲で良いモノとしていくことが大切である。

2020年2月14日 (金)

現在日本社会と鬱病の関係

 昨日書いた、心の闇と綺麗事の議論に関連して、鬱病について考えてみた。現在の日本社会には、鬱病となっている人が少なくない。これをもう少し時間軸を巻き戻し、昭和の時代なら「躁鬱病」という言葉が多くあった。この変化に理由はあるのだろうか考えてみた。

 私の仮説は、

「道徳的に怒り抑える仕組みが強くなったため、鬱病が増加した」

である。具体的な例で考えると

「被害を受けた人間が、暴力などで報復することを禁止される。
そこで怒りからの行動を抑えるため、
脳内物質が出て無気力鬱状態になる。」

と言う状態である。これは、交通事故被害者、犯罪被害者や不倫の被害者などに起こる現象である。確かに、復讐のための暴力行為を許せば、社会が崩れていく。

 現在社会は、暴力による報復を禁じている。一方、言論による行動の自由度は高いが、言論できちんと自分の意見や、被害の感情について言うには、それなりのスキルが必要である。これができない人間は、感情が爆発してもはけ口がなくなってしまう。そこで、爆発しないように脳内物質が働き感情を抑える。これが、働き過ぎて鬱病になる。

 このような図式はあると思う。

 考えてみると、現在社会は腹の立つことが多い。就職氷河期問題に関しても、一つの原因は

「既に正社員になった世代の(組合委員の)既得権を守るため、若い世代の採用を抑えた。」

面がある。これに対して、「世代」という見えないモノには、怒りをぶつけられない。このようなとき、衝動を抑えるために、鬱系の引きこもりが出るのではないだろうか?

より以前の記事一覧