ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年11月29日 (日)

日本語の特異性

 先日から、仮名文字に関して色々と考えてきたが、これをもう少し突っ込むと、

「日本語の特異性」

と言う論点で、色々と話ができると解った。

 私が注目したのは、

「象形文字でもなく、
アルファベットのような、
徹底した表音文字でもない
仮名漢字交じり文」

の特徴である。これをメディアの特徴として考えると

「象形文字の多数を記憶した知識人」

「アルファベットから派生した記号体系を使いこなす知的特権階級」

の両者の知的活動の独占を防止している。

 前者の、「象形文字~~」は、古代エジプトの神官や、中国の科挙合格者のように、

「多数の文字を記憶しない限り文字を使いこなせない」

と言う独占状況を示している。中国や韓国では、科挙合格者とそれ以外に大きなギャップがある。

 一方、アルファベットを使った古代ギリシャ文明に始まる西洋文明は、

「文字記憶の壁は大衆化したが、論理的思考は哲学者の独占」

と言うもう一つの壁ができている。プラトンの哲人政治や、今でも残る「高学歴者の独占」が、論理的思考法の壁を示している。

 さてここで日本語をメディア論的に考えてみよう。象形文字の子孫である漢字が残っているので、直観的なイメージが文字に残っている。しかも漢字には『訓読み』を行うことで、母国語としての機能をきちんと保持している。一方、漢字を覚えることが難しければ、表音文字としての仮名を使って随時表現できる。このような日本語の論理思考には、直観的なイメージを用いた思考法が生きてくる。例えば幾何学の例で考えれば

「点と線で描く図形」

と言ったイメージが浮かび、それを頭の中で、動かし重ねたり、回転させたり、縮小拡大したりする。このよう直観的な脳内作業での証明や議論ができる。これ学問の大衆化にもつながっている。しっかりした、公理や定義での上での幾何学議論は、数学の専門家には必要だろう。しかし、

直観的な議論での納得

は、知的議論の大衆化には必要だと思う。このために、日本語の果たした役割は大きい。 

2020年11月22日 (日)

コロナ対応で考える日本文明の特異性

 昨日の菅首相のコロナに関する会見で、スパンコンのシミュレーションを例に取った説明を見て、やはり『日本教』の

「大衆の理解力を信じる」

発想は生きていると思った。専門家の厳密な知識や思考力は求めず、直観的に感じ取る力で納得する。この力が、日本のコロナに対する

「全員参加での対応」

を実現している。これは前に書いた話の実例として残しておく。

http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-7a0a08.html

 さて、ここで日米のコロナ対応についてもう少し考えてみよう。アメリカなどでは、指導者達が

「本当に大衆の知性を信じているか?」

については疑問が多い。それより

「強制的に命令し、従わせるしかない」

と考えているようだ。

 さて、日米のコロナの状況で目につくのは、死者数の違いである。日本の二千台とアメリカの二十万台で、二桁の違いが出ている。

 この状況を一言で言えば

「まだ通常状況の日本と、戦争中のアメリカ」

と言うべきである。

 さてここで大事なことは、戦争中のリーダーシップは平穏時とは異なり、

「平和なときより人命が軽くなる」

状況である。

「死者は出さざるを得ない、その数を減らすのが、リーダーの仕事」

という発想になる。現在の平和日本では、このような発想を受け入れない人が多い。しかし、アメリカなどでは、戦時中のリーダーの役割という物はわかっている。そこでは、ワクチン接種においても

「少しぐらい副作用が出ても仕方ない」

と言う発想になる。この点を考えると、アメリカのワクチンは、日本より速く開発され、強引に実用化すると思う。

 現在、日本政府、特に厚生労働省などは

「枠地の副菜用に関しても慎重に見極める」

と言う姿勢を崩してはいない。これは、平常時の対応である

「副菜用の被害者を一人でも出してはいけない」

と言う発想である。この発想で本当に良いのか、もう一度見直すときになっていると思う。 

2020年11月19日 (木)

学者の戦争への関与について

 昨日書いた記事の主旨は、

「じっくり検討して考える力と、現状に応じて機敏に修正する力は別」

であった。その中で、

「アメリカの科学技術に対して、日本人は個人技で対応したから比較的修正が上手」

と書いた。しかしながら、修正できずに泥沼に陥った例がある。それは、太平洋戦争における日本人の対応である。第二次大戦における、日本の戦争責任は、公式発表では

「軍部の暴走に国民がだまされた」
「学者達もいやいや協力した」

と言うことになっている。しかし、これは真実の姿であろうか?ここで、私が『太平洋戦争』と言う表現を使ったことに、注意してほしい。その場では、真珠湾攻撃、マレー沖海戦、そしてシンガポール陥落と、開戦後の数ヶ月の戦勝気分に、全国民が酔っていた。このことを忘れてはいけない。その中では、

「東条英機の弱腰を叩く」

世論すらあった。

 そのような空気に押されて、一部の学者には、『日本民族の優秀性』等の議論を展開し、『戦争協力』を行った人もいる。

 さて、ここで、最初の主題に戻るが

「学者が発表する物は、きちんとした検討が必要である」
従って
「気軽に修正できない」

と言う側面がある。これを考えると、最初の数ヶ月の戦勝気分に酔って、書いてしまった議論が、引っ込みがつかなくなって、最後まで一人歩きしたことは十分起こりうることである。

 学者が、全て

「軍部の脅迫に屈して不本意な意見を発表した」

訳では無いと思う。なお、軍人達には

「戦後の復興のために学者をかばい、自分たちが罪を負った」

人たちもいることも考えるべきだろう。 

2020年11月17日 (火)

アメリカ人の教育政策の失敗について

 昨日書いた、アメリカ人の「科学的思考」教育の失敗に関して、今回は数学教育の事例、特に幾何学で考えてみた。

 日本の幾何学教育も色々と迷走したが、教え方には以下のステップを踏むことが有効とされている。

  1. 小学校高学年か中学の間に、定規とコンパスでの作図とその重ね合わせで「同じ」という感覚を得る
  2. 三角形の合同と言う概念を学び、定規とコンパスから離れて抽象化して考えるようにする
  3. 抽象化した考えを組み合わせて証明ができるようにする
  4. 高校ぐらいでユークリッドの公理系からの展開を学ぶ
    ただし、点や線のイメージの助けを借りた推論
  5. 大学で数学の専門家は、完全な抽象体験としてのヒルベルトの幾何学を学ぶ
    ここでは「点」「線」についても、特定の公理を満たす抽象的存在でしかない

しかしながら、効率的な教育と言う観点からすれば、ユークリッドの幾何学や、定規とコンパスの作図は、無駄な時間を費やしていると判断される。確かに、一部の有能な人材は、きちんとした公理系からの議論ができるだろう。このような人材には、

「無駄なモノを教え時間を浪費しない」

と言う発想はある。しかしながら、

「多くの生徒に納得させるためには、定規とコンパスなどの手順を踏むことが大切」 

と言う、教育現場の経験則もある。日本の数学教育においては、ある程度湖のような現場の声も届いている。逆に言えば、フィールズ賞受賞学者が、大衆向けの教育を行い、

「一般向けに教えるためには段階を踏むことが大切」

と発言している。

 しかし、「すべててのアメリカ人のための科学」を見ると、どうもいきなり「ヒルベルト幾何学」の高みに行こうとしているように見える。アメリカでは、有能な人材は時間を無駄にせずに若くして大学に入っていく。

「そのような有能な人材が考える施策」

には、無駄を省く教育になっていく。しかしそれに大衆がついて行くかは別である。これが一つの失敗要因ではないかと思う。 

2020年11月16日 (月)

アメリカの「科学的思考法」の挫折について

 私は、このブログで昔「全てのアメリカ人のための科学」について、かなり前向きに評価した記事を書いてしまった。

http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/3-1c91.html

しかしながら、このプロジェクトは実行できなかった。この理由は、

「現在の『科学的思考法』で本当に社会を良くすることができるのか?」
つまり
「科学の力で、プラトンの『哲人政治』を実現できるか?」

と、

「理想的なモノと実現のギャップを超えることができるか?」

という二組の問題が解決できなかったからである。これに加えて、もう一つの要因として、

「アメリカの強力な敵対者である、ソ連の崩壊」

と言う条件も、考えないと行けない。ソ連の崩壊がアメリカの教育に影響する理由の一つは、

「競争相手の消滅による、モチベーション低下」

と言う側面がある。競争による動機付けは有効である。もし相手がいないと、自分で目標設定し管理しないといけない。これを実行できる人間は少ない。

 しかし、もう一歩踏み込むと、

「戦争中の政治決断は、一部の犠牲を無視する、平均知的発想が使える」

と言う状況がある。これはもう少し具体的に考えてみる。現在のコロナ対応を、ウイルスとの戦争と考えてみよう。

「コロナウイルスにより、一日一千人が死んでいる。その状況では、副作用のある薬でも効果があれば使う必要がある」
例えば
「薬の副作用で1%の人間に悪影響が出ても、残り99%が救われるなら使う」

と言うのが、緊急事態の発想である。

「薬を使ったら、九百九十人が救われるが、副作用で十人が死ぬ」
しかし
「放置したら千人全員が死ぬ」

と言う状況は、戦争事態のリーダなら、躊躇無く決断する。このようなときは、統計的処理で、平均値や多数派を評価し、それらに対する施策を優先し実行することになる。

 これが平和なときなら

「副作用を受けた人の人権はどうなる」

と大きな声でわめく人が出てくる。このような多様性に向き合うのは、平和なときには大事なことである。私たち日本人は、このような平和なときの政治になれてしまっている。この特性をしっかり理解しておく必要がある。

2020年11月12日 (木)

「アメリカ教」があるか?

 このブログでは、山本七平が見いだした「日本教」について、色々と述べている。「日本教」は、キリスト教をはじめとする、ヨーロッパ文明に対比して考えると分かりやすい。

 しかし、ここで「アメリカ文面」について、考えてみると、「日本教」と大きく異なる、しかもキリスト教の文明とも、根本で異なるモノが見えてきた。今回は、私が考える

「アメリカ教」

について、議論する。今回議論する「アメリカ教」は、第二次世界大戦の戦勝国であり、しかもソビエト等の共産主義勢力と、正面から対決していた時代の産物である。当時アメリカで熱狂的に売れたSF作品から、当時の共産主義への反発というか、恐怖が伝わってくる。(実際、大統領の速記にまでスターリンの手が伸びていた。ソ連の侵略はそこまで来ていた。)

 私が、注目しているのは、E.E.スミスの一連の作品である。彼の代表作のレンズマンシリーズでは、人類の最強の遺伝子を組み合わせ新しい「宇宙の守護者」を生み出すというアイデアが組み込まれている。この作品が示しているモノは

  • キリスト教などとは違い、優れた人間は「全能の力」を持つことができる
  • 日本教と違い、優れた人間が権力を持って、一般庶民を救う
  • 科学に対する無邪気な楽観主義

であり、日本教ともキリスト教徒も違っている。

 なお、科学に対する無邪気な楽観主義は、二十世紀末には崩れていく。

 しかし、「アメリカ教」という戯概念で少し見えるモノがある。

2020年11月 1日 (日)

「辺境」の意味について

 日経ビジネスの最新号に、「イノベーションは辺境で起こる」と言う記事が載っていた。この記事の主旨とは少しずれるが、私は

日本という国は中華文明の辺境の地

と言う発想がある。これは地勢的なもので、

「東の果ての島国」

と言う立場は、『辺境』とならざるを得ない。さて、この辺境のメリットを考えてみた。私の考えでは、辺境のメリットは

「文明の伝達が遅れる」
この遅延は
「完成度の高いモノを選んで受け入れることができる」

である。つまり、中華文明の色々なモノが、ある程度完成してから伝わってくる。従って

「全体像を見ながら、自分たちに合わせて、取り入れることができる」
「失敗作に巻き込まれることが少ない」

と言う利点がある。日本が外国の文明を受け入れる場合には、

完成度の高いモノを鑑賞し、その上で自分たちによいように消化しながら取り入れる。

と言う悪知恵が働いているように思う。これは、

「自分で苦労して開拓してモノでなく、成果をただ乗りしている」

と言う批判を受ける面もある。しかし、実用化するにはそれなりの苦労もある。こうした面も評価していくことも大切ではないかと思う。

 なお、現在は文明の流入が高速化している。これでは、失敗が淘汰されるまでに、新しいモノに飛びついていく可能性が出てきた。このような状況は、上述の辺境のメリットを無くしてしまう。

2020年10月31日 (土)

6500件目の投稿

 今回で,このブログの記事の6500件目となる。2006年の1月から書き始めて、15年間の結果がこの値になった。

 十五年と言えば、子供が生まれてから中学を卒業するまでの年月である。その間に自分はどれだけ成長したか、一度見直す機会に、6500記事を生かすべきだろう。この間に、四十年近く務めた会社生活も終わった。また大学の講師も終わった。また新たに、産業カウンセラーやキャリアコンサルタントの資格も取得した。こうして、ソフトウエアのエンジニアという、理工系の人間が、人文科学や社会科学の方向に向かっていくようになった。それまでも、ヴィーコやヘイグの本を読んでいたので、社会科学には少しは触れていたが、ヴェーバーやルーマン、そしてミルズなどと触れることで、社会科学というモノが少しは見えてきたように思う。また、仏教に関しても、天台の摩訶止観や空海の著作を読み直すことで、色々と見えてきた。

 このような基礎の上で、山本七平を読み直すと、新たな「日本教」の構想ができた。

 こうした、基礎ができたので、最近では1回の投稿の記事が、四百字原稿用紙二枚程度に伸びている。このようなまとまった記事の方が、アクセス数が伸びるように思う。

 なお、私の仕事の上での経験した、「正社員登用」に関する記事は、現在でもアクセスのトップになっている。その他では、信頼性に関する話、「図と絵」の話などが、アクセスをいただいていると思う。

 ありがたいことに、現在の一日あたりのページビューは100~200の感じになっている。書き出した頃の20ぐらいで喜んでいたことと思うと感慨深いモノがある。

 とりあえず、6500と言う通過点を、読者の皆様に感謝して味わいたい。

 

2020年10月29日 (木)

朝ドラ「エール」に見る芸術家の力

 朝ドラの「えーる」は、敗戦後の『戦争協力者』の悩みを描いている。しかし、現実は違うという調査があった。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76563


つまり、主人公のモデルである古関裕而 は、戦後直ぐに作曲活動をしている。

 ここで大事なことは、古関祐而は、元々色々な立場での作曲をした人間である。

 六大学なら、早稲田も慶応も、そしてプロ野球なら、阪神も巨人もと

「敵対する立場の両方に立って作曲している」

切り替えの早い人間である。

 もう少し踏み込むと、

「作曲時には、特定の立場に踏み込み感情移入などする」

「終わると次に行く」

と言う発想が常に行われているのではないか。

 現在の我々は、

「戦争責任の重さ」

だけを捉えて議論しているが、

「芸術の創造における、精魂のかけ方は、平等である」

ならば、『戦争協力』だけを特別視することはできないと思う。

 ここまで、人間の心が変わるか?この問題に関しては、チェスタトンのブラウン神父シリーズが、一つの答えを出してくれると思う。

 本当の、ニュートラルな芸術家は、色々な心をそのまま写す鏡があるのではと思う。

 

2020年10月28日 (水)

『言行一致』についてもう一度見直し

 このブログでは、何回か『言行一致』について議論している。例えば

 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-46cb.html

 http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-d308c3.html

 しかしながら、今回はこの問題に新たな見通しが立ったので、もう少し議論を進めたい。まずは、言行一致でのトラブルを考えて見よう。一つは

「人間の多様性を無視し自分の信じている姿を押しつける」

というある種の『学問カルト』的な対応になる人がいる。特に、理論的成果の完成度が高いときに、このような現象が起こる。また別の見方をすれば、

「自力で創りだした人なら、その限界が見えている。しかし与えられたモノなら、それを全てと思い込む。」

と言う問題がある。このような状況で『空気』が発生すると、歯止めがなくなり暴走するのは、第二次大戦中の日本が経験したことである。

 ここで、

「与えられた民主主義」
「与えられた学問の自由」

と言う今までの議論と重ね合わせてみよう。

 この状況での言行一致は、危険性がある。特に

「建て前と本音の区別」

を考言行一致だけを墨守する危険性は大きい。

 先日書いた、山本七平が、

「沖縄の米軍核兵器に関する国会答弁」

「勧進帳の芝居のようだ」

と揶揄した話があるが、この後ろの本音である

「アメリカに対する、日本世論の力での歯止め効果」

が私たちの理解から消えている。しかし、五十五年体制の政治状況で、国益のために綱渡りの芝居をした、先人たちの苦労に敬意を忘れてはいけない。

 言行一致を信じすぎて、理想世界しか視野にない人間が、リーダーとなれば、その世界は怖い物となるだろう。

より以前の記事一覧