ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年4月 1日 (水)

反省で得るものは何か?

 ここしばらく『反省』について議論しているが、今回は『反省で得るモノ』を考えてみた。反省に限らず

「過去を正しく振り返る」

ことは、

「自分の力を客観的に評価する」

良い手法である。

「その時なぜ失敗したか、なぜ成功したのか?」
「自分のどの力がたりなかったか?何が効果的だったのか?」
「周りの人との関係は?助けてくれた人、敵に回った人?」

このような切り口で、時間をおいたことで冷静に評価できれば、自らの強みも見えてくる。また、

「昔(特に失敗したとき)と比べて、自分の成長も解る」

ことも大きい。更に成長した自分が昔を見ると

「当時は他人の責任と思っていたが、自分の問題点も見えてきた」

と言う経験を積むと、人間として一回り大きくなる。

 なお、反省を行うと、

「自分の心に正直に向き合う」

ことができる。私の経験でも

「当時は無意識的に押さえていた、怒りの感情」

を客観的に見ることで、

「無理に周囲の目に合わせることで出る心の歪み」

等が解るようになった。このように、心の中にある諸々を意識するためにも、上手な反省は大切だと思う。感情などを抑えつけることは、気力を押さえることになり、自分の力が十分発揮できなくなる。これを克服するためにも、正しい反省は大切だと思う。

「自分の感情を抑えつけているモノを外せば、大きな力が出ることがある」

これを上手に使っていくべきだろう。

2020年3月31日 (火)

反省するときの注意点 その3 反省の失敗

 先日の記事の続きとして、今回は反省の失敗について書いてみた。反省の失敗の本質は、

「過去にあったことに正しく向き合えていない」

ことにある。これには色々なパターンがあるが大きく分けて、以下のようになるだろう。

  1. 反省しようとする気が起こらない
    1. 気力が無くなる
    2. 自分は悪くないと言いつのる
  2. 反省したときに正しく向き合えない
    1. 他罰的に自己反省しない
    2. 自罰的になりすぎて本当の要因が見えない

まず、反省する気持ちになるためには、自らにある程度の強さが必要である。

 「昔の状況がフラッシュバックしたとき、自分の責任との重さに向き合うことができるか?」

この防衛反応として、まずは

 「反省などしない」
  そのため
 「思い出したくない」
 「記憶を改竄する」

と言う反応が起こる。状況によっては、鬱病が出てくる。

 次に反省を行うときに、自罰と他罰のバランスが悪くなることが多い。よくあるパターンは、

  はじめは
  「XXが悪い」
  「社会が悪い」

と他罰的に強く出るが、一度証拠を突きつけられたりして、自信が崩されると

  「全て私が悪い」

となり、外部にある真因までも自分に抱え込む場合がある。

 この対策としては、

「全体像を客観的に描いた上で、自分の責任を認めていく姿勢」

が有効では無いと思う。このバランスが悪いと、本当の反省はできないと思う。

2020年3月30日 (月)

コロナと原発事故 西洋文明的発想の落とし穴

 新型コロナウイルスの影響で、イタリアは医療崩壊したし、アメリカやフランスでもかなりの被害が出ている。1月や2月の段階では、

「中国の政治体制だから~~」

と、欧米の『先進国』は比較的甘く見ていたのではないだろうか?

 しかし、現在の状況は

「欧米の先進国でも医療崩壊まで起こりうる」

と言う厳しい現実に直面している。

 さて、イタリアなどのニュースを聞いていたとき、私は10年ほど前のあるニュースを思い出した。

福島原発事故の時
「日本ですら原発事故が起こった!」
(旧ソ連などとは違う西洋文明先進国で!)

と言う、驚きである。あのとき、多くの国が原発に対して腰が引けるようになった。

 さて、今回のコロナ対策に関しても

「中国のような独裁国で、隠蔽などしているから、コロナ流行を引き起こした」

と言う論法は、もはや通らない。それどころか、

「独裁国の方が、強引な手段で抑え込むから、早期収束させる」
(中国、北朝鮮・・・)

と言う結果すら出るかもしれない。

 これは極端だが、日本の対応は、まだ医療崩壊など、最悪の事態を逃げるよう、上手く踏みとどまっているように思う。

 この知恵は、西洋文明と一線を画す日本の力ではないかと思う。

「現実を見据えながらしぶとく妥協点を探す」

これが、

「机上の検討で方針を作る」
「個人の主張だけをぶつけ合う」

西洋文明との違いではないだろうか?

2020年3月29日 (日)

学問知識は成長したが感情面の豊かさは?

 昨日書いた、本当の納得に関する議論で、もう少し思いついた。つまり、

「現在の学校教育で成長するモノは何か?」

と言う問題である。もう少しこれを分けると

  • 学校教育に期待しているモノ
  • 実際に身につくモノ

の誤解があるように思う。つまり、多くの人が学校教育に期待するのは

「学校教育によって『全人格的に』成長する」

である。確かに、学校生活や交友関係、部活動などにより

「知識以外の面も成長する」

可能性は大きく、実際に成果が出ている。例えば、採用面でも

「四大卒の方が人間的に成熟している人が多い」

と言う感想がある。

 しかしながら、学校側の最低限の責任は

「知識などの教育」

であり、感情面や人格面の成長は副産物という扱いである。

 もう少し踏み込めば、

「経済面など家庭事情などで、友達交流できない子、部活もできない子」

等の、『知識外の成長』は学校の責任とはいえない。

 こうして

「感情面や対人スキルなどの成長ができなかった子」
特に
「成績だけが優秀な子」

は、この後

「自己責任で対人関係を切り開け」

となっているように思う。しかしながら、生活体験が貧弱な場合に、このような切り開きができるのであろうか?

 これで本当に上手くいかないから、色々な歪みが出ているように思う。

2020年3月26日 (木)

反省するときの注意点

 昨年の3月に「反省する力について」書いた。それから1年あまりたって、色々と新しい考えが出てきたので、もう少し書いておく。

 今回の議論に関して、一つの刺激は「フラッシュバック問題」である。これは、特に「被害者」の立場で起こる。これを起こさないための、心の底に押し込めていく、ないし「記憶の改竄」が起こってしまう。もっと悪くなると

「感情の暴発を押さえ過ぎて無気力になる」(鬱病に至る場合も!)

と言う可能性がある。一方、自分が悪い場合にも、「記憶の改竄」や「忘却」が起こることが多い。

 さて、このような反省の難しさに対して、よい知恵は無いだろうか?大乗仏教は、これに対して色々と配慮している。まず法華経には

「深く罪福の相に達してあまねく十方を照らす」

とある。つまり

「自分および他人の罪に向き合いなさい」

と言っている。そのために「懺悔」について、色々と説いている。

 具体的な修行法は、天台の摩訶止観が詳しい。その中では

「悪く落ちていく心の流れ」
これを逆転する
「よく反省する心の流れ」

が書いてあり、段階的な対処についても教えてくれる。

 さらに、実際の瞑想を行うときには、観世音菩薩の救いを感じながらの三昧の修行をまず示している。自分の心に起こる、地獄・餓鬼に対しては、大慈悲の観音様が、畜生のように吠えるだけなら獅子の力を持つ観音様、一つの正義にこだわるなら十一面の多くの見方を示す観音様と、心の闇が出てきたときに、それを救ってくださる観音様を信じて、

「観音様と伴に自らの心を深く観ていく」

三昧の修行がある。このような、大乗仏教の智慧は、本当の反省ができるために大切だと思う。

 続きはこちら

http://manabizz.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-db048f.html

2020年3月25日 (水)

AI時代には因果関係の単純化が使えなくなる

 仏教に関して色々と勉強するときには、現在の西洋文明的な思考法を、捨てるとまでは行かないが、ある程度押さえないと行けない。もう少し言うと、

「科学的な思考法の便利さ、力に頼りすぎる自分への反省」

が必要になる。つまり、

「太陽系のモデル、車のエンジンのモデルなどのように、単純化して理解する」
「原因ー結果」
が明白になっている

世界観を使うのではなく、

「一気に全体を観て、直接的な因果関係だけでなく間接的な縁まで考える」

必要がある。

 これを単純化した話で考えると

西洋文明的思考:「卵が原因、鶏がその結果」
仏教の思考:  「卵と鶏はお互いが原因であり結果でもある」

と言う図式になる。

 しかしここで、AI時代のビッグデータ活用となると、単純な

「原因ー結果」
図式でなく
「多くの縁の絡まり」

を見ることになる。多くの因子が絡まった結果が、今起こっていることである。

「現在発生していること自体が、次のことを引き起こすだけでなく、自分自身の強化や、フィードバック修正を行っている」

このような複雑なシステムと向き合うことは、既に六世紀に天台大師が摩訶止観で説いている。これをもう一度見直すべきではないかと思う。

2020年3月23日 (月)

現在社会は西洋文明の限界を超える発想が求められている

 現在の社会は、高度な専門家の発言が力を持っているが、本当にそれだけでよいのだろうか?例えば、今回のコロナ騒動においても、病気の伝搬の専門、検査の専門などの各分野の専門家が色々と発言している。しかし、このような専門家は、自分の担当範囲の視点での発言が多くなる。例えば、

「コロナの検査をできるだけ広く行うべきである。現在の検査は少なすぎるから、潜在的な患者を見逃している。」

と言う発言は、感染状況を研究している立場では当然の発言である。しかし、現在の制度では

「コロナ感染した人全てを入院隔離させないと行けない」

となっているので、

「軽症者も含めて多数の入院患者が出ると医療が崩壊する」

と言う可能性がある。

 こうした全体像を見て、総合的な判断を行うのが政治である。

 さて、このような専門化は、やはり西洋文明の影響が大きい。使用文明の基礎にある物理学は、

「物事を単純に理想化し、その上での因果関係を明確にする」
つまり
「専門的な範囲に視野を絞って深く考える」

ことで大きな成果を生み出した。

 この発想が現在強くなりすぎている。

2020年3月19日 (木)

平安時代の仏教からわかること

 先般から書いている、昔の仏教の話に関連して、平安時代に起こった変化についてもう少し考えてみたい。従来から言われていた、平安時代の仏教の変化は、空海・最澄の唐からの正統的かつ最新の教えの伝来である。

 しかし、空海は既に、唐に入る前に密教修行を行っていたし、最澄も止観の修行を行っていた。これを考えると、

「遣唐使による文化交流で新しい仏教が日本に伝わった」

と言う表現が、正しいのだろうか?確かに

「曼荼羅や多くの経典により、体系的な仏教が伝わった」
「国家としてそれを受け入れた」

と言う言い方はできるだろう。

 ここで、一つの新しい文化が、導入されて成功するヒントがある。それは、

「既に部分的にいくらかの先駆者が触れている」
「彼らの支持者は存在するが多数派ではない」

と言う土台があると

「一気に新知識の体系を持ち込み、既存の活動などをまとめ込む」
「これで爆発的に普及する」

と言う手法である。今までモヤモヤとして持っていた者が、全体的な図式を見て整理されると、ブレークスルーを起こして一気に解決に至る。このような状況がある。

 新技術の導入などに考えるべき手法である。

 この応用として、新技術普及時に

「従来行っていたことも、新技術の不完全な利用で、あなたも先駆者です」

と言って、巻き込む手法も有効である。

2020年3月18日 (水)

主観的と客観的だけか

 先日から読み直している、NHK出版の「仏像ー心とかたちー」の最初の章「仏像のこころ」の中に、仏像の見方を

  1. 叙情詩を描く主観的な見方
  2. 美術史などの観点から客観的な見方

と二つに分けていた。私たちはこのように、主観的/客観的と対比することが多い。しかし、この二分法でよいのだろうか。私はもう一つの見方があると思う。それは

  • 創造者の観点から見る

見方である。これは法華経の教えがヒントになるが

「世界を造る親の立場で皆を見る」

と言う見方である。仏像の見方では、

  1. 仏の教えを伝えるために、どのような仏像を造るべきかを考える
  2. 仏像にどのような思いが込められているかを考える
  3. その仏像が造られた時代の状況を考える

等を考え、

「自分で仏像を造るならどうするか」

と言う風に「主体的」に考える。この発想があるのではと思う。クリエイター達は既にこれを行っている。

 現在社会を本当によくするのは、このような考え方ではないかと思う。

2020年2月27日 (木)

支配者の指導力について

 私が考えている『日本教』は、

「神様は全て観て導いてくれる」

と言う根本的な教義(信仰)に支えられている。これは、西洋文明における、プラトンの『国家』が描く

「哲学者の指導」

にも共通するモノがある。ただし、プラトン以降の西洋文明は、『人間の到達不可能世界』への諦めがある。一方、日本においては、大乗仏教が六世紀に入り、小乗仏教の『彼岸への憧れ』を経由せずにいきなり『仏の智慧を得る』ことができると、

「完全な指導ができる」

と、純真な子供のように信じてしまう傾向がある。

 さて、今回は、このような指導者の力について、考えてみたい。皆は指導者に何を求めるか?

「暮らしを維持しできれば良くしてほしい」

これが一つの答えである。そのためには

「一般大衆よりもよくわかっている」

必要がある。この力の候補を考えてみると

  1. 今までの経験
  2. 経験の伝承知識
  3. 思考能力による推論・洞察
  4. 経験の一般化・応用能力
  5. 想像した世界での物語作成(シミュレーション)

等がある。プラトンは、3.の思考能力を重視した。確かに当時の幾何学の論証力は、従来の経験的な知恵を超える一般性を持ち、多大な成果を生んだ。一方、仏教の推論は、比喩的なモノ・現実的なモノが主体であり、西洋文明のような科学の世界を生み出すことは難しい。

 しかし、『法界を自ら造る』力が、人にもあると言うことで、5.想像した世界で物語を作り、展開できる力が人間にある。この力で人を導ける、と言う発想はあると思う。この問題は、もう少し深める価値があると思う。

より以前の記事一覧