ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年11月23日 (月)

いわゆる「Goto~~」について考えるべきコト

 政府の「Goto~~」については、色々な議論がある。しかしながら、この議論の前提とすべき情報が漏れているように思う。それは、

「コロナでの死亡者の総計は二千人」
であるが
「十月一ヶ月の自殺者は二千人を超えている」

と言う状況である。自殺者の原因の内訳が明確になっていないが、コロナによる経済状況逼迫が影響している人が、少なからずいるだろう。控えめに考えて一割としても、コロナでの病死者に匹敵する数になる。(コロナの病死者は二月からの集計)

 このような状況では、景気対策も重要という議論は、しっかり行わないと行けない。

 ここで、橋下徹元大阪府知事が

「問題があったのは名前。Go Toキャンペーンは今の時期良くない」と名称に苦言。「やっぱり、助け合い、頑張ろう事業とか、もうちょっと地味な、ウキウキした、浮かれたような名前を付ければいいのに、なんでこんな名前になっちゃったのか。コロナが収束した後はGo Toキャンペーンでいいけど…コロナが収束していない状況を見越し、もうちょっと違う名前をつけておけば、状況も違ったと思う」

と言う議論を展開している。

橋下徹氏 「Go To」の名称に苦言「もうちょっと違う名前をつけておけば」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 私はこの意見は、一理あるが

自殺対策としてなら、『Goto~~』表現はある

と考えている。

 理由は、

「引きこもって心が暗くなる場合には、『外に出る』ことが効果がある」

と考えるからである。

 実は私自身、現在は自己免疫疾患(難病)治療のため、ステロイドと免疫抑制剤の投与を受けているので、外出は控えるようにしている。ネットでのお付き合いなどがあるから救われているが、このような状況でこもっていると、ストレスが貯まり、メンタル的に参りそうに思う。

 このような側面も考えて、”Goto”はありだと思う。

2020年11月15日 (日)

HSPに対する私なりの対策

 前に書いた、HSP的な症状に関して、私自身が今まで生き延びるために、役だった対策を書いておく。

 一つの対策は、人に頼る他力の対策である。具体的には

「自分を受け止めてくれる人を見いだし、その人の前では無条件に自分をさらす」

コトで、心の安定を得る。更に応用編としては、

「部下に、自分の感受性の弱い面を知らせ、部下の方が感じたモノを報告や注意して貰うことで、適宜自分の行動を修正する」

様に、上手く分業する方法もある。なお、分業に関しては

「計画のように、じっくり考えることは自分が行う」
しかし
「直接人に接して、臨機応変に対応する作業は部下に任せる」

と言う風に、自分が苦手とする部分を明確にして、それをカバーする方法を考える手法もとった。

 二つ目の対策は、

「視野を広げて全体像を描く」

様にして、その結果として

「自分を客観的に見て評価できるようになる」
その結果
「自分を認めることができる」

ことで、心を安定させる方法である。周りについて、考えすぎることで、自分を追い込んでしまう。そこで、自分を含めた絵を描き、冷静に他人の視点や、理論的な知識で評価ができれば、落ち着いて対応できる。なお、ここで『絵』と言ったが、図形的なモノでも善いし、言葉での記述もあると思う。私は、時々シミュレーション的な小説を書くが、これも全体を把握するためには有効である。

 三つ目の対策は、

「自分の感覚の働き方などを、知識として知っておく」

ことで、

「何となく気が楽になる」

効果がある。例えば、

「自分が見るモノは網膜に映る全ての情報でなく、色々な知識経験等が影響した、脳内処理の結果である」

と言う知識は、

「全てを観ようとして、注意を払う必要が無い」
「必要なモノだけを見ればよい」

と言う発想にもつながってくる。また、

「ランダムに入ってくる雑音は、少しぐらいあっても耳に障らない」
逆に
「特定の音だけあれば、耳障りになる」

と言う知識があれば、個別の音に対してのこだわりが薄くなることもある。

 このように、知識が自分を助ける面もある。

2020年11月14日 (土)

HSP(高度感受性人材)について

 色々なところで、HSPについての記事を見るようになった。

 https://twitter.com/kenken_kaneko/status/1327182387915096064

 https://www.note.kanekoshobo.co.jp/n/n60ba14db91ff


 実は、私もこの傾向があるので、当事者としての意見を少し述べておきたい。ただし、私が精神科などにかかって、HSPと診断されるかは、微妙なところである。現在の日本の(特に)精神科の傷病診断は、

「脳機能の欠陥がある場合」

に判定が下りやすい。つまりHSPの診断のためには

「感覚の一部の感受性が極めて高い」

と言う状況なら診断がでやすくなっている。

 しかし、私の場合は逆に

「ミラーニューロンなどの働きが弱いから、認知機能をフル活動して補おうとして疲れる」

と言う症状である。もう少し具体的に言うと、

「一般的な人より、他人の感情を感じる力が、弱いと自覚している」
そのため
「何とか相手の心を推察しようと、色々観察したり推測したりしている」
この結果
「いつも気を使って疲れる」

と言う症状がある。例えば

「買い物に行っても、スーパーの中で、他人の動線を常に気を使い、邪魔にならないようにしている」
そこで逆に
「通路を塞いで話し込んでいる人等を見るとイライラする」

と言う状況になっている。

 私は、このように、

「自分の感性が弱いから、気配りし、頭を働かせて補う」

と言う

「後天的に身につけたモノ」

も、大きな負担になっていると思う。

 なお、感受性に関しては、一番の問題は

「情報を上手くまとめる機能の働き」

にあると思っている。必要なモノをまとめて一括りにする。不要なモノを識別して、意味の無い背景情報に落としていく。これができるかできないかでHSP症状が出ると思っている。この点はもう少し議論したい。

2020年10月22日 (木)

自分の中での論争

 昨日の記事に関連して、一つの可能性を思いついたので忘れないうちに書いておく。

 強迫神経症などの思い込みに関して、

「自分の頭の中で、賛成/反対の論争が発生している」

可能性である。

 現在、私たちは学校教育などで、『道徳的』や『科学的』な考え方の型枠がはめられている。そこで、

〈例えば不潔恐怖を感じている人に)
「目に見える『汚さ』が無ければ何もない」
と理屈で押さえつけるが
「フラッシュバック的に発生した不潔感」

が発生してしまう。例えば

「自分の脳内で、
『科学的に考える自分』

『不潔感を持つ自分』
の戦い」

が生じてしまう。

 この時、いわゆる『理性的』な押さえが強くなると、感情を殺す鬱病的な対応となるし、感情面が強くなると、自己の思い込みを守るために、種々のいいつのりを繰り返し、強化することで、強迫神経症的な要素が悪化していく。

 このように、自分の心の中での『思い込み強化』が起こる可能性がある。 

2020年10月14日 (水)

リーダーの行動に関して平時と非常時の違い

 リーダーの説明や、従属者の納得という議論は、時間的に余裕のある場合には有効である。しかし、災害時や戦場での、時間的な余裕がない場合には

「説明は後だ、命令に従え!」

という一方的な指示も必要になる。例えば、洪水時の避難指示などは、時間との勝負になる。このようなときリーダーには、意志決定の速さが必要能力となる。

 ただし、終わった後で、リーダーの指示内容について検証し、

「何故そのような意志決定が行われたか?」
「他の案はなかったか?」
「今後この方法でよいのか?」

を議論し、多くの人が納得いく説明を得る努力は必要である。

 さて、時間的に余裕のある場合には、多くの人が納得いくような説明をして、自発的に従わせるようにることは、単に命令に従わせるより得るものが大きくなる。例えば、空海が満濃池の工事を指導したとき、

「堰き止める場所は流れな緩やかな場所」
「堤の形は丸みを持たせる」

等を

「何故そうした方がよいか」

きちんと説明し、参加した大衆に

「これまでと違う!」
「よい見通しがあっての仕事!」

と成功への見通しを与えて、士気を高めている。

 このような、時間の余裕のある平常時には、

「できるだけ説明して納得させる効果」

が大事であリ、緊急時には

「時間的に間に合う意志決定と明確な指示」

が必要になる。

 この使い分けができる本当のリーダーを育てないと行けない。

2020年10月 9日 (金)

本当の大衆参加とは コロナ対応で考える

 コロナ対応の反省が行われているが、逆に

何故日本の患者数は少ないのか?

と言う議論も必要だと思う。私の考えでは、

本当の大衆の協力があった

その理由は

大衆がコロナの感染のイメージを持ち納得して対策した
(ソーシャルディスタンス、マスク着用、手洗いうがいなど)

と思う。この対応は、

政治の主導権でなく自粛に依存した

と言う批判を受ける面もあるが、全員参加の実行という効果は大きい。

 このような大衆参加を支えた、テレビなどの報道の効果も大きい。例えば、咳をしたときに飛沫の飛び具合の状況など、多くの機会に画面でPRしていた。こうした、大衆の直観的な理解を得るための努力が、自主的な予防活動として定着していき、他国に比べて感染者数、および重傷者数を抑えることができた。更に言えば、医療崩壊を避けることができたのが、死者数低下につながっていると思う。

 さて、このような全員参加が

日本では成立したが他の国では成立しなかったのか?

と言う問題が出る。なおこの問題はもう少し緩めて

「他の国で全員参加が徹底できなかった理由は?」

と考えてもよい。

 私はこの答えは、西洋文明の分断思想にあると考えている。つまり、西洋文明の図式は

 

   神様・・・これは絶対的で到達不可能
    ↓    服従し誓い契約する

 ーーーーーーーーーー越えられない壁 

  支配者   神との契約で権力を持つ
    ↓     命令に従わせる(契約で縛る)

   一般市民  教養ある一般市民  

    ↓

   労働者(昔は奴隷だったが現在は指示通り動く労働者)

と言う階層構造になっていて、

上からの指示に従え

と言う発想だけで、下位階層の納得などは重視していない。

 一方、日本的な発想は

   指導者(親の立場)・・・神様的な場合でも親的

    ↓↑          親子の壁は越えられる可能性がある

   協力者(子の立場)・・・子供として従っている、成長したら親になる

と言う、本質的な平等思想がある。これは、大乗仏教の発想で、日本人の心の底に流れている。

 こうした、日本的な発想なら、自然に全員参加という形になる。

 一方、西洋文明的な発想が強くなると、階層化して口出しできなくなる。私がある病院で経験した事例では、

「理学療法士は筋肉の状況を見るが、医師にそれを伝えることはできない」
「医師の指示は絶対であり、下位資格者は口出しを許さない」

と言う状況があった。もっとも別の病院では

「理学療法士と巡回の医師が、院長の手術跡について上手下手の議論をしていた」

と言う事例もある。

 日本的な発想では、ある程度の資格の縛りがないと、素人の危険な口出しが生じる。しかし、実力ある人の意見が認められるべきでだろう。法律の世界でも、最高資格の弁護士より稼ぎの大きい、再開資格の行政書士と言う話もある。

2020年10月 7日 (水)

大衆に理解してもらうための負荷

 昨日の続きで、リーダーが追従者に理解させるための負担を考えてみた。

 この逆は、

専門家同士のコミュニケーションの効率の良さ

これを意識している人はあまりいないが例えば、

「MBA取得者同士でないと会話ができない」
「先端分野で競い合ってる人なら一言で通じる」
「数式や数値でコミュニケーションできる」

等の経験をしたり、状況を見たりした人は多くいるだろう。

 実は、私も若いときにソフトウエアの仕事をしていたとき、この経験をしている。その時の感想は、

「もっと情報工学の出身者たちがいたら話が直ぐに通じるのに!」
「特に幹部が情報工学の言葉が理解してほしい」

であった。

 しかし今になって考えると、

「そのような状況で学問知識を実用化して、多くに人に受け入れてもらう」

と言う貴重な経験をした。このように、

「専門用語や道具を捨て、多くの人の理解を引き出す」

作業は、大衆の支持を得るための必要コストである。

 なお、私はこのとき

「理論的に作ったモノの実用化では、現場に合わせた対応が必要」

と言う経験もした。

 昨日書いた、三ステップを全て、ソフトウエアの生産性向上という現場で体験していた。これは今にして思うと貴重な体験だと思う。

2020年10月 6日 (火)

大衆参加を本当に実現するために

 昨日書いた、反・反ポピュリズムの記事の続編として、

「本当の大衆参加を実現」

するために必要なことを書いてみたい。

 まず、一つの前提として、

「現状の延長が続く事態なら今の民主主義は無事機能している」
言い換えると
「変革期には、現状の民主主義は上手くいかない」
具体的には
「決められない政治」
「問題先送りで、ゆで蛙状態の破滅の道を歩く」

を考えている。つまり変革期の問題であるが、このような状況では一般大衆にも

「リーダーシップを政治に求める」

傾向がある。

 しかし、リーダーシップと言っても、日本教的な場合と、西洋文明のリーダーシップは異なる。

 西洋文明は

      絶対的な神様

   ーーーーーーーーーーーーー越えられない壁

     一人前の個人    神との契約・支配される人との契約

 

     支配される大衆

 

と言う図式で、契約による支配ができている。

 一方、日本教の場合には

     

      親の立場・・・指導者

            この間が、子供の成長でつながる可能性あり

      子供の立場・・大衆

 

と言う、親子の壁が低い。このため、

「子供でも解る説明」

が指導者に求められる。

 しかしながら、新しい概念での社会を動かすためには、以下の3面での異なる力が必要になる。

  1. 新しい概念を組み立てる
    例えば、社会の仕組みなど
  2. 新し概念を大衆にも解るように伝える
  3. その概念を実行するときの現場でのトラブルを解決する

この三面のちがいをきちんと理解していないから、新しいことを提供することでの失敗が多い。

 この3面を本当に理解しているのは、維新の政治家ではないかと思う。橋下徹と言う人の頭に、新しい大坂のあるべき姿ができた。それを、浅田・松井などの府会議員の有志が皆に解るように伝えて、同志を募りながら一般大衆に向け説得していく。更に、現実の政治で起こるトラブルを、役人たちを活用しながら解決していく。

 これが大坂で、維新が多くの人に支持されている理由だと思う。 

2020年9月 6日 (日)

弱者の優しい代弁者が存在するか?

 昨日の話で、

「弱者の代弁者」

という問題を思いついたので、忘れないうちに書いておく。昨日の議論では、国会議員である杉村太蔵が、同じ国会議員の石破茂に馬鹿にされたというレベルであり、馬鹿にされた方にも問題ありと処理してもよいだろう。しかし、これが一般国民の問題と考えると、色々と広がってくる。

 まず、一つ目の問題は、

「本当に困っている人の状況を、きちんと伝える人が必要」

である。しかし現状では、これが上手くいかない。理由は、

「論理的な意見をいえるという、スキル面だけで代弁者になる」
「極論や過激な発言する代弁者が少なくない」

という側面がある。

 例えば、予防接種の副作用で、苦しんでいる人がいる。この人に対しては、医療的側面、心理的側面、生活的側面などで色々と支える必要がある。しかし、

「副作用が生じるから、予防接種を禁止すべき!」

という極論を言う人が、

「被害者の代弁者」

として振る舞う事で、結局

「予防接種の効果で救われる命を奪う」

という事態になってしまう。このような機会損失に関しては、被害の申し立ても難しいので、極論がまかり通っていく。

 この問題を考えると、親的な発想で、弱者の代弁をする人材を、もう少し育てていくべきではないか、言うなら

『穏やかな社会学者』

が必要ではないかと思う。

2020年9月 4日 (金)

動機付けに関して西洋文明と大乗仏教の文明の発想の違い

 昨日の続きで、動機付けについて、西洋文明的発想と、大乗仏教的発想の違いについて議論しておく。

 西洋文明的発想なら、動機付けならマズローの理論などが出てくる。

https://motivation-up.com/motivation/maslow.html

 しかしながら、この議論の根底には、貨幣経済社会などの西洋文明が前提にあり、しかも

「人間は神の智慧には及ばない」

という諦めがある。又、マズローの5段階説を見ても解るように、

「できるだけ単純な項目で考える」

という発想がある。

 しかし、現実社会をこのように単純化してみる発想がよいのだろうか?

 例えば、会社生活においてて、管理職になる動機付けを考えてみよう。

「出世したい」
「給与が上がる」
「他の皆に遅れたくない」

等の単純な理由だけで出生したがる人間は、どれほどいるだろう。

 管理職の重み、責任を感じたとき、色々な悩みがある。しかし、

「その部門の重要性」
「働いている人たちの個々人の立場」
「他の人間が管理者苦になるリスク」(不適切能力者のリスク)

等色々な事を考えて、悩んだ末に受け入れる人は、よい管理者になる可能性が高い。

 さて、ここで大事な事は、大乗仏教的な発想である。大乗仏教には

「誰もが仏の智慧を持っている」
「仏の智慧とは全てを自分のモノとし、衆生を我が子のように見る智慧である」
「この智慧で社会をよくすることができる」

という発想がある。少なくともキリスト教の

「神の世界への到達不可能限界」

とは別の、可能性を拓く発想がある。

 又、これと併せて、色々なモノを見るとき、具体的に多様な見方をする。例えば、管理職が部下を見るときも、

「契約した機能を果たす部下」

という見方が、西洋文明の経営学敵味方なら、日本的管理では

「個人としての生活のある部下」
「将来的な成長可能性のある部下」

等の、血の通った見方になる。

 こうした、実体観の上で、

「皆のためになる」

という動機付けを行うなら、強い力を得ると思う。

 もっと言えば、仏教では

「皆を救う」

という発願がある。この力は、西洋文明的なモノより強いのではないかと思う。

より以前の記事一覧