ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2021年3月 1日 (月)

社会科学に対するAI活用のアイデア

 日経BPで、コトラー教授のマーケティングの話があった。

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/20/00041/022200001/

彼の提案するマーケティング5.0は

「機械学習などを活用したモノ」

らしい。

 私は最初これを聞いて

「AIで市場の相関関係を見いだすぐらい」

と甘く見ていた。それなら

「しっかりした仮説を作り検証する力が必要」

なので、人間の力に依存する面が大きい。しかし、Q&Aを聞いていると

「AIで人間の行動モデルを作り市場の動きを見る」

と言う方向が見えた来た。これはとても大きなモノが出てくると思う。

 これで、社会科学においても,シミュレーションによる実験ができる、という可能性が拓かれた。これは、技術の世界で設計支援環境に組み込まれたシミュレーションのように、市場検討などでもシミュレーションの可能性を拓くモノである。

 従来も、「囚人のジレンマ問題」をコンピュータシミュレーションで解いた事例はあった。しかしそれは、専用ソフトでの対応である。現在のAI技術なら、汎用的な

「市場行動シミュレータ」

としての人間モデルができるだろう。更に言えば、コンピュータ将棋で行っているように、人間モデルが自動的に機械学習で成長することも可能になる。

 ここまで考えると、社会科学のシミュレーション的実験が、手軽に行えるようになると思う。

2021年2月26日 (金)

自分で教科書を書く効果

 昨日書いた「知識を体系化して納得し覚える」手段として、自分で教えるつもりで、資料を作ることは効果が大きい。

   納得して覚える: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

 私は会社に入って、色々な物作りに携わった。そこで

「目的とする物作りのために、必要な知識な知識を体系化する」

必要性を感じた。こうして

「知識を目的に向けて整理する」

経験をすると、

「無駄な知識で無く必要十分阿知識の習得」

ができ、しかも知識が生きてくるようになった。

 さて、これを仕事以外での学問修得に使えないだろうか?

 私が出した答えは

「自分に講義するつもりで資料を整理する」

となった。

 考えてみれば、

「教科書やノートも『形あるモノ』」

である。このような、

「有形化したモノに収束させる」

効果は大きい。こうして一度書き出すと、後から色々な関連事項が見えてくる。それを書き込むことで知識が充実し、使いこなせるようになっていく。

 なお、ここで教科書の効用について、パワーポイントなどの資料との違いを指摘しておく。私も講義するときには、プレゼン用のソフトを使えば準備時間が短く済むので助かった。メモ的な書き込みもできるので、これで講義準備は十分と思ったときもあった。

 しかし、教科書として文章をまとめ、

「これだけで理解できるようにする」

と言う決意で書き込むと、一段と理解が深まってくる。

 やはり、知識を整理するためには、自分の教科書を作ることが有効だと思う。

2021年2月25日 (木)

納得して覚える

 記憶が定着する方法について、もう少し議論する。私の経験では、

本当に理解できた知識は自然に覚える

が基本である。そこで次のステップは

理解はどのように行うか

である。これに対して、

体系化してつながった知識

を持ったとき

「理解した!」

と言う感動体験が一つの答えになる。次の問題は、体系化をどのように実現するかである。私の経験では以下の3面がある。

  1. その知識の中での論理的な展開
  2. 他の理論知識との横の繋がり
  3. 現実例への縦の繋がり

このような3つの方向への広がりが、密なネットワーク化すると、納得することが多い。例えば、電磁気学の教科書を読むとき、その本の中では、Maxwellの方程式から、数学的な展開をみる。一方、力学などの関連分野との関連を見る、さらにアンテナの実現などで、現実との関連を見ていく。こうした、展開を自分の力でモデル化していくと、

納得した!

と言う感動体験を自分のモノとするだろう。

2021年2月24日 (水)

忘却の恐怖を克服

 私は、大学院生時代は、狭い分野を深く勉強していた。具体的には、人工知能の為のモデル化と、コンピュータプログラミングである。しかし、会社に入って仕事をすると、いやでも周辺分野に気を配らないといけない。当時は、マイクロプロセッサが動き出した時代で、

「マイクロプロセッサとは何か?」

と言う議論から入っていった。そこでは、ハードウエアの知識が必要になり、回路の知識、電子素材の知識など多様な分野の知識が必要になる。そのために、多くの本を読みあさった。これは、必要に駆られて行った面もあるが、純粋に自分の知識を増やしたい、と言う動機も大きかった。

 そこでは、一応ノートをとったり、重要部に線を引いたり、書き込んだりしたが、やはり理解不足で忘れることが多い。そこで

「忘れることへの不安」
「解らないことへの焦り」

が発生した。しかし、この勉強は学校の場合と異なり、決まった期限で終わりではない。仕事のための情報収集としての勉強は、期限があるが、その場合には

「目的達成のための情報収集」

であり

「自分の納得のための勉強」

と違うことが解ってきた。「自分のための勉強」では、時間をゆっくり取ることが可能であり『積読』のように、一旦手に負えない者は寝かしておく。特に

「覚えきれない者は忘れてもかまわない」

と割り切ることで、自分で学ぶことが楽になった。これに関連して、前に買った本を、後で読み返すと、納得がいって理解が深まる、このような体験も何度かしたので、

「解らないことでも、時間が解決する」

と思うようになった。

 会社の仕事でも、必要なことはメモに書き、それは忘れても良い。必要なときに調べて解るなら、忘れても良い。このような割り切るが、気持ちを楽にしたように思う。

2021年1月27日 (水)

空海は財力と権力の応援を自ら引き出した

 昨日書いた、

「科学者が自分のやりたいように権力や財力の支援を受ける」
科学者の意見が政治に反映されるまで: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

話に関して、E.E.スミスの「大宇宙の探求者」というSF作品を挙げた。この本は、スペースオペラの大家、E.E.スミスの駄作と言われている。しかし、私はこの本を見直して、ある既視感を覚えた。この本の主人公は、ある経緯で、鉱物資源を見つける超能力を持つ。この力を使い、超大企業や政治的な権力の支援を受けて、自分のやりたいことを行っていく。

「これは弘法大師空海の話ではないか!」

空海は、若いときに山の民との交流があり、水銀鉱脈を探す『丹生の民』などからの支援を受けていた。空海が、唐に渡った時に、大量の砂金を持っていた。これを使って、多くの密教法具や曼荼羅などの複製を、職人を雇って作り、日本に持ち帰った。

 空海は、日本の歴代でも最高の超能力者の一人であり、鉱脈探知のダウンジングの才能をあっただろう。それは、水銀を使う『丹生の民』にとって貴重な力であり、十分な支援を受けたであろう。また、超能力を抜きにしても、空海の学識は卓越したモノがあり、そして当時の唐の土木技術で、それを洗練させれば、さらに鉱山の採掘などにも役立つだろう。これだけでも『山の民』が、空海の留学時に砂金等の支援をしただろう。

 このように

「新しい技術を学んでくることは利益を生む」

と、当時の鉱山企業の幹部に納得させたことは、現在にも通じるモノがある。

 また空海は、帰国後も嵯峨天皇等にも、真言密教の価値を納得させ、政府の支援を引き出している。

 学者などが、

「支援がない」

と嘆く前に、空海の成果をもう一度見直すもよいのではと思う。

2021年1月26日 (火)

科学者の意見が政治に反映されるまで

 このブログでは、

「専門家の意見を重んじすぎる」

弊害について、何度か書いてきた。しかし、歴史を見ると、

「学者の意見が取り入れられない」

時代の方が長かったように思う。

 例えば、

「手術の時に消毒が必要」

と言う、今では当たり前の話も、19世紀になってやっと実行されるようになった。現在社会の先進国では、

「学問的に裏付けのある意見」

はそれなりに尊重されている。私達はこれが当たり前と思っているが、20世紀の半ばまで時間を戻すと、少し違った世界が見えてくる。

 例えば、アメリカの多くの物理学者が、政府に原爆製造のための提案を受け入れさせるために、どれほど苦労したかは、マンハッタン計画に関する著作に書いてある。また、イギリスでは、暗号解読に数学者が貢献し、オペレーションリサーチなどのが苦悶結果が、戦争追考に影響を与えるようになった。

 このような、

「戦争勝利に貢献する学問」

と言う形で専門家の意見が政治に影響するようになった来た。一方、我が国でも

「戦争で負けたのは、科学を無視した精神論の結果」

と言う反省で科学重視の政策に舵を切っている。

 この文脈で20世紀半ばの、アメリカのSF、特にE.E.スミスの作品を見ると、

「科学者に好きなようにさせる、権力と財力の支援」

を求める作品が見受けられる。スミスは博士号を持った技術者であり、

「技術者が自分のやりたいことが予算の都合でできない不満」

を色々と持っていたらしい。このような時代が、つい先頃まであった。これをもう一度考えておく必要がある。

2021年1月23日 (土)

本質の追究は成功でも

 先日書いた『坂の上の雲』に関連した、議論についてもう少し考えて見た。

  小説家が教育に関与することの是非: 勉強の方法補充 (cocolog-nifty.com)

 先日書いたが、秋山騎兵隊の勝因は

「馬の機動力と運搬力を活かし、重機関銃や鉄条網・土木の道具等を運び、
野戦築城を行うことでコザック騎兵を止めた」

点にある。もう一歩踏み込めば

「騎兵の本質を知り、必要な物を調達する力のある指揮官を得た」

ことが大きい。

 このように本質をきちんと考えると、次に繋ぐことができるようになる。

 しかし、

「XXの英雄的な行動で勝った」

等の

「神がかりな話」

「個人の頑張り依存」

では、次につなげることができなくなってしまう。

 失敗したときには、本質を追究することが重要である。これは、多くの人が認識している。しかし、

「成功した場合にも真因を追求しておくべき」

を皆が考えるべきである。

2021年1月20日 (水)

詩人の教育的な役割について

 プラトンの「国家」の最後の巻の第10巻には、

「若い人の教育を詩人にさせてはいけない」

と言う主張がある。プラトンの言いたかったことは

物事の本質である『イデア』の世界に接近するのは、『哲学者』の思考法でしかない。この訓練は、問答法で行う。

一方、物を作る職人は、自分が感じた『イデア』を具体例に実現する。

しかし、詩人は『(職人達が)実現した物』を描こうとする。

と言う、イデアからの距離で、

哲学者 > 職人 > 詩人

と言う評価をしている。

 確かに、

「物事の本質に迫る力を持っている人が若い人を育てる」

と言う発想は、正しいように見える。

 しかしながら

「(詩人などの)クリエイターには物事の本質を掴む力がある

と言う面もある。

 特に

「哲学者の厳密性は深く狭く突っ込む」
しかし
「クリエイターの感性は広く全体を把握する」

と言うもう一つの面がある。

 このような詩人の様に、全貌を見る人の働きを考えることが、特に多様性を重視するときには大事だと思う。

2020年12月28日 (月)

競争原理について考える

 昨日、テレビで『ベンチャー企業』の話を見ていた。そこで印象に残ったのは

「中国やアメリカの激しい競争社会」

つまり

「負けた会社は潰れる」
「生き残った強者に全てを取らせる」

と言う状況である。一方、日本の場合には

「大企業が生き残っている」

ために、

「ベンチャー企業が育たない」

という内容であった。このように、厳しい生存競争の場に放り込み、

「弱いモノは潰していく」

と言う発想が『市場主義経済』である。確かにこのような競争原理を使えば

「強いモノを選別」

はできる。しかし弊害についての議論が抜けている。それは、

「強くないモノの扱い」

である。いわゆる『敗者復活』や『セーフティネット』の発想が、『市場原理』や『競争原理』を主張する人から聞こえることもあるが、本当にこれで良いのだろうか?確かに、一度の失敗からの復活は、経験を生かした成長につながる。しかし、『敗者復活』で勝ち残れる人間は、並外れた力を持つ強者に限られている。敗者復活戦でも負けた人間はどうなるのか?これに対して『ベーシックインカム』は一つの答えになっている。しかしながら、ベーシックインカムの発想は、

「生存だけの保証」

であり

「モラルなどの面は考えていない」

という感じがする。それまで、上昇志向で必死に頑張ってきた人間が、簡単に

「負けたら終わり」

と納得するのだろうか?

 もう一つの問題点は、人材育成の観点である。昔あるソフトウエアのベンチャー経営者が講演したとき

「社内教育は、できる人間を見いだす手段」

と言いきった。これは、つまり

「育てる発想はない」

ということで社内の技術蓄積を大事にした、『大企業文明病』の自分達にはカルチャーショックであった。

 しかしながら、多様な人材を生かすためにも、育成の努力は必要であり、蓄積の伝承の効果もある。蓄積と変化の両面を生かす、日本的な経営が求められている。

2020年12月26日 (土)

日米の開発力に関する議論

 日経BPの記事に、

 「失敗を恐れない」 元宇宙飛行士が語るスペースXのスゴさ(上):日経ビジネス電子版 (nikkei.com)

があった。興味深い議論だがその中で  

 スペースXは、人命に影響があるなどの致命的な結果を招かない限り、たとえ大きなリスクであったとしても積極的に取ります。これも開発のスピードを速めた要因だと思います。

~一部略~

 もちろん、何でも無謀にやっていいわけではないですが、コストも実は、実際にやってみて失敗したほうが安くつく場合が多いのです。

 というのも、失敗を恐れて実験をしなければ、同じ問題を解決するのにもっと長い年月がかかってしまいます。高給で優秀な技術者を長期間、雇い続けなければなりません。でも失敗をしてそこから学べば、結論に早くたどり着けます。失敗は、それほど数多くの知見を技術者に与えてくれるものなのです。

と言う部分について、もう少し突っ込んでいきたい。

 この記事が言いたいのは

「日本の組織は、失敗を恐れてチャレンジしないから開発スピードが遅い」

と言うことだが、スペースXの開発においては

「有能な人材を抱え込む費用を最適化するには、短期で結果を出すべきであり、失敗でもかまわない」

 と言う発想がある。これをもう少し突っ込むと

「アメリカでは人件費は変動費、日本では固定費」

と言う観点がある。つまり、アメリカの場合、有能な人財でも有期契約で切っているので、できるだけ契約期間を短くして、早期に結果を出す、と言う発想がある。

 一方、日本の場合には、長期雇用契約の正社員に仕事をさせる場合には、

「どのみち人件費は発生するから、しっかり検討して失敗しないようにしよう」

と言う発想がある。この観点で、日米比較を行ったら、もう少し見えてくると思う。

 なお、スペースX的な管理には、もう一つ大事な発想がある。

「有能な人財を悩ませる時間がもったいない。失敗でも実行したら早く決着がつく。」

と言う、『仕事の上での悩み』に対する配慮である。これは開発管理の上で大切だと思う。

 一方、日本的な管理には

「時間をかけて人材を育てる」

と言う発想がある。これは、長期雇用の安定の上での能力開発のメリットだと思う。

 両者の善いとこ取りとして、老舗和菓子店の「たねや」の経営手法も面白い。「たねや」では、色々な新製品が出てくる。この発想は

「一勝九敗」

という感じで、若い力にチャレンジさせ、そのうち生き残ったモノを製品として残していく。こうして

「チャレンジさせながら、人材育成も行う。そのために、芯となる製品でしっかり稼ぐ。」

発想が、長年生き延びた老舗の智慧だと思う。

より以前の記事一覧