ご縁のあった人たち

無料ブログはココログ

2020年11月18日 (水)

「照準と修正」という観点から見えてくる

 太平洋戦争中のアメリカ軍は

「照準は上手だが、修正は下手」

であった。ここで、照準というのは、最初に狙いを付けることで、敵のいる予想位置に対して、一発目を打ち込むことまで含んでいる。次の修正とは、前に撃った砲弾が外れたときに、狙い直して調整することである。アメリカは日本に比べて優れた、レーダーやアナログ計算機などの技術を活かして、日本の艦船や飛行機の位置を予測する力があった。そこで、

「照準は上手」

となっている。しかしながら、当時のレーダーやアナログ計算機は、大きな設備で操作も大変で、稼働時間もかかる。従って、一度計算が終われば、その後の修正まで計算機を使うことはできなかった。その結果

「修正は下手」

と言う結果になる。このような相手と戦うときには、

「とりあえず一発目を外せ!」

が有効になる。相手の方に突っ込む形なってもよいから、今までの延長した場所にいないようにする。これが生き残りの対策になる。

 なお、日本の軍隊にはそこまでの科学技術も資源も無い。アナログ計算機の概念は知っていても、信頼性の高い真空管をたくさん供給できないから、実現は不可能である。従って、

「個人の技を磨き、優れた人間に任せる」

方法で対応した。その場合には

「どちらかというと修正が上手」

な傾向がある。

 さて、この話は

「戦争における銃砲を命中させる」

と言う問題としてだけ考えるのは、もったいない感じがしてきた。一般的に

「事前準備をきちんとして、時間をかけて検討する力」

「現状を見て機敏に修正していく力」

には、共通する部分と、別の部分がある。この違いをきちんと考えて、使い分けをしないといけない。

 また、

「修正下手」

に対して、アメリカが取った

「科学技術的な対応」

と言う発想も、学ぶべきモノがある。つまり、

「照準で近所まで行けば、その後はミサイルが自動的に目標に向かう」

と言う、

「修正を機械に行わせる」

発想での対応がある。このように、

「あくまで科学技術で対応し、個人芸に対する依存を少なくする」

発想は、第二次大戦後中からアメリカ人が得意とした。私たちは、このアメリカ的発想の影響を、意識していなくても受けているように思う。

2020年11月11日 (水)

会社の存続という問題

 米国では、

「会社が潰れることはよいことだ」

と言う発想がある。この主旨をもう少し説明すると

「時代に適合しない会社が、人材を抱え込むことを避けて、成長分野に人材を回せる」

と言う発想で

「会社が潰れることはよい」

と表現している。確かにこの話の実例として、太平洋戦争の真珠湾攻撃の裏話がある。

「日本海軍の真珠湾攻撃で、米国は旧式戦艦を多く失った。その結果、その戦艦に乗るべき人材を、新しい空母などに有効活用できた。一方、日本海軍は、大和と武蔵の巨大戦艦が最後まで残ったため、有能な人材を、大和や武蔵に縛り付けられたので、実戦での活躍ができなかった。」

この事例が示すように、旧来の組織が残ることで、資源の無駄遣いになる可能性はある。

 しかしながら、私たち日本人は、会社の存続と言うことの重みも知っている。よい実例が任天堂である。私は戦後の昭和からの人間なので以下の変遷を知っている。

  1. 昭和の30年代ぐらいまでは、たばこ屋で「任天堂の花札」を売っていた
  2. 昭和の30年代には、ディズニートランプを、トランプマジックの番組で上手く売り込んだ
  3. 昭和50年代からテレビゲーム機
  4. 昭和60年代からファミリーコンピュータ

等のすさまじい変化を遂げて、現在も生き残っている。この会社は

「遊びと言うことの専門の会社」

と言う「芯になるもの」を大切にしながら、色々と適合し成長している。このような、会社を残すよい面も知っておくべきだろう。

2020年11月 6日 (金)

帰納的に考えるために

 論理的な思考法には、自明な公理から推論を展開する演繹的思考法と、経験を一般化する帰納的な思考法がある。しかしながら、両者には以下の欠陥がある。、例えば、万有引力の法則から、地球を含む惑星の公転について知るのが演繹的思考法である。一方、木からリンゴの落ちるのを見て、他のモノも落ちると言うことを考えるのが帰納的思考法である。

  • 演繹的思考法には公理の範囲から推論できるだけしか解らない
  • 帰納的思考法には誤りの可能性がある

今回は、帰納的思考法の欠点と、その対策について考えてみた。帰納的思考法の欠点は

「柳の下に二匹目のドジョウはいない」

と言う言葉が示すように、一つの事例を一般化しすぎる失敗である。言い換えると

「個別事例をどこまで一般化できるか解らない」

と言うのが、帰納的思考法の欠点である。

 このような帰納的思考法の欠点は、どのようにして防止することができるのだろう。

 私の提案は、

からくりの再構築

である。つまり、経験的に見たモノを、実現させる機能や機構を、思考の上で再構築してみる。これは

「与えられたモノを受け入れるだけではなく、積極的に自分で作ろうとする」

姿勢で学ぶと言うことである。

 こうした経験から、

「今見ている現象を実現させるからくりが見える」

状況になれば、どこまで一般化して善いか、限界も見えてくるだろう。

 学ぶことにおいて、積極性が重要である。

2020年10月20日 (火)

短い文章でのコミュニケーションについて

 世の中では、SNS等の短い文章でのコミュニケーションが普及している。このような情報は

「断片的!深い理解がない」

と、否定的な見方をする。「有識者」が少なくない。

 しかし、昨日書いた空海の著作などを読むと

「経典の一句の抜き出し」

で、その経典の本質を描いている。空海だけでなく、日本で生まれた「稲荷心経」や「十句観音経」も、他のお経の抜き出しが多くある。このような抜粋したモノで、本質を伝える発想は、SNSでの短い文章による情報伝達に通じるモノがあると思う。

 一方、西洋文明の学び方には、

「抽象化してまとめる」

発想がある。これを、SNSの上で行うと、抽象的な議論や、スローガンだけの暴走になってしまう。

 本来、共有的な基本情報が存在し、その上での断片を伝えることで、新たな見方を導く。これが、短文でのコミュニケーションではないかと思う。また別の見方では、両論対立の時などには、片方の証拠を提示するのは、短い情報提供でよいのかも知れない。

 俳句や禅問答の短いやりとりは、このような読み手が意識できていない、モヤモヤとした情報を、刺激によって整理し体系化させる。これが一つの悟りになる。

 SNSの短文情報交換も、このような見方で観ると、西洋文明と日本教の違いが出てくる。

2020年10月18日 (日)

学問で何を身につけるか?

 昨日書いた、T型人間に関する議論で思いついたことだが、

「この学問で何を得るか?」

と言う議論ができていないように思う。

 もっと言えば、学問の価値というか、目的に関して、厳しく評価することができていない。ないしは、そのことに触れさせないようにしている。この問題は、明治以降の学校制度の根本に関わっているように思う。つまり

「教育勅語に依存した学校教育」
つまり
「天応陛下の権威に依存した教育の押しつけ」

である。戦後の、日教組などの

「教育勅語否定」

はあっても

「権威依存の教育押しつけ」

は変化していない。

 しかし本来は、

「学問で身につくモノ」

をきちんと提示して、自主的に学ばす。これが本来のあるべき姿だと思う。そのように考えると、

「江戸時代の寺子屋」
そしてその拡張の
「大坂商人が作った私塾」

が、学問の場のあるべき姿だと思う。

 そのためには、科学哲学などが、学問のあるべき姿をきちんと議論し、そこで何を選るかを示すべきではないかともう。

 私の考えでは、

「身につくスキルと知識情報の分離」

をきちんと示し、スキルの展開状況を示すことが、本当の学問の効果を実感させる手立てだと思う。

2020年10月17日 (土)

T型人間に関して

 いわゆる「T型人間」は、自分の専門を深めるI部分と、広い視野を持つ一部分を兼ね備えた人財である。さてここで、I部分の意味について,少し考えて見たい。よく言われることだが、

「専門を窮めることで人間としての深みが出る」
「他の専門家の理解が深まる」

等の人格形成での効果が指摘されている。

 しかし、もう少し具体的な効果を示すことができそうである。一つの事例で、物理学の理解と応用について考えて見よう。もう少し絞り込んで、電磁気学をきちんと学ぶ効果で考えると、

  1. Maxwellの方程式から展開する数式の世界
  2. 静電気や磁気的な力などの具体的な世界
  3. 実世界の製品化のための電気回路の理論〈近似的展開〉

等の知識の階層構造が解るようになる。つまり、静電気の力による引き合いのような現実的な事例と、数式のきちんとした理論展開の間の関係づけができ、さらに電気の回路を記述するための『オームの法則』などは、Maxwellの方程式という上位の理論の、近似的な展開と言う風に、きちんとした理論の階層構造を観ることができる。

 こうした考え方は、理論的知識の現実の問題への適用方法を示す。現実の問題を説明し、予測するためにも、このような理論知識の使い方を学ぶことは大切である。また、物理学における、主要な道具としての数学の位置づけも、よくわかると思う。

 このような学問自体の効用をきちんと評価することも大切ではないかと思う。 

 しかし、個人としての体験で得るものは、他にもあると思う。厳しい仕事の体験、自分の限界を超える体験から得るものは大きい。色々な知識を総動員し、実現するために種々の考えを巡らす。工学としての実現や、法規則としてのまとめ上げ、このような物を創る経験は大きい。この面の効果も考えておくべきだろう。

2020年10月 7日 (水)

大衆に理解してもらうための負荷

 昨日の続きで、リーダーが追従者に理解させるための負担を考えてみた。

 この逆は、

専門家同士のコミュニケーションの効率の良さ

これを意識している人はあまりいないが例えば、

「MBA取得者同士でないと会話ができない」
「先端分野で競い合ってる人なら一言で通じる」
「数式や数値でコミュニケーションできる」

等の経験をしたり、状況を見たりした人は多くいるだろう。

 実は、私も若いときにソフトウエアの仕事をしていたとき、この経験をしている。その時の感想は、

「もっと情報工学の出身者たちがいたら話が直ぐに通じるのに!」
「特に幹部が情報工学の言葉が理解してほしい」

であった。

 しかし今になって考えると、

「そのような状況で学問知識を実用化して、多くに人に受け入れてもらう」

と言う貴重な経験をした。このように、

「専門用語や道具を捨て、多くの人の理解を引き出す」

作業は、大衆の支持を得るための必要コストである。

 なお、私はこのとき

「理論的に作ったモノの実用化では、現場に合わせた対応が必要」

と言う経験もした。

 昨日書いた、三ステップを全て、ソフトウエアの生産性向上という現場で体験していた。これは今にして思うと貴重な体験だと思う。

2020年10月 3日 (土)

安定と言うこと

 先般から書いている、社会のモデル化に関連して、

「安定」

が大事な概念だと思う。極端な話

「私たちは安定したモノしか観ていない」

と言う議論も出てくる。

 しかし、本当に安定したモノだけであろうか?例えば

「江戸時代の農業などの生産性は幕府開設時代から二倍以上に増えている」
また
「貨幣経済や商業化も進んだ」

と言う状況を考えると、色々な変化が起こっている。これを考えると

「単純に安定ではなく漸進的な変化」
または
「その時点で変化と安定を繰り返しながら進む」

と言う

「擬似安定」

と言うべき状態がある。もう一つ言えば、

「強制的なコントロール機能で変化に対応しながら新たに安定させる」

と言う形で、安定と進化を実現しているモノがある。例えて言うなら

  1. 教師の言うことに絶対逆らわない生徒たちの「安定した学校」
  2. 生徒に自由にさせ、その中で善いモノを取り入れて「運営を変えてて安定化を図る学校」

と言う図式ではないかと思う。

 なお、私たちの現状は、

「全て過渡的な状況」

と考える発想もある。変化の中にいるときはそれが見えなくなっている。 

2020年10月 2日 (金)

社会科学の理論成立について モデルとの同時成立

 社会科学の理論については、その理論が成立する事例というか、そのような世界条件と一体で考える必要がある。マックスヴェーバーは、これを理念型と言った。そこで昨日の議論に引き続き、物理学的世界観と社会科学の勉強について、もう少し踏み込んでみたい。

 工学などの世界は、物理学などの基礎の上に、理論を活用しモデル化したモノで議論を行う。例えば、エンジンの図式などを参考にしてほしい。

https://www.bing.com/images/search?q=%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf+%e5%9b%b3%e8%a7%a3&id=88A1EFFD4D91F7E6EEB9C83AA11AAD1AAA3FD874&form=IQFRBA&first=1&scenario=ImageBasicHover

 物理学的なモデル化は、理論がある程度完成した後、その知識を用いて演繹的に構築して場合が多い。

 しかし、社会科学の場合には、

    資本家
 搾取  ↓ ↑ 労働力提供
    労働者

と言う風な、社会のモデル化と理論の構築が、同時並行で進んでいくコトが多い。つまり、このようなモデルに、

「何を入れるか?」

と言う議論が理論の成立にも関わってくる。

 確かに物理学的なモデルの時にも

「なにをいれるか?」

と言う議論はあるが、これは

「理論的な構造が決まった後の、近似の度合いをどこまで精密にするか?」

と言う理論構造の元での議論である。

 一方社会科学の場合には、

「考慮範囲の変化が理論の根本を変える」
つまり
「理論とモデルが同時に成立する」

コトが多くなる。

 こうして、

「理論とモデルの関係が、安定したときに一つの理論が生まれる」

パターンが多い。これを知っておくことは、特に物理学的世界観に毒された私たちには重要だと思う。    

2020年10月 1日 (木)

社会科学などの理論知識を生かすためのヒント

 一般に、理系の学問は、大学で学んだ知識が、社会に出てからも役立つことがある。例えば、モーターの制御などを考えても、三相交流として扱うためには種々の数学的知識が必要である。線形代数や複素数の知識が必要になる。しかし、文系の学問が、世の中に出てから役に立つかというと、なかなか難しいモノがある。法学関係の知識は、法律を理解するときに、法律・施行規則~判例の展開などで役立つかも知れないが、工学部と工業との関係のような直接的な結びつきが見えないことが多い。

 この理由に対して、私が見いだした仮説は以下の通りである。

「自然科学は、現実のモデル化に関して、皆の同意が得やすい」
しかし
「社会科学などでは、現実のモデル化は、理論の作り方で変わってくる」
言い換えると
「社会科学の理論は、一般的に成立するといえない」
逆に言えば
「社会科学の理論は、成立する条件を理解しないと使えない」

これは経済学などで、色々な論争が起こっている現状を見れば、

「どれが正しいか解らない?」

なる、混沌とした状況と言ってしまいたくなる。

 しかしながら、これらの理論は、ある程度の説明力はある。しかし、物理学の様な

「一般的に成立する」

とはいえない。そこで、

「理論知識を学ぶときには、その成立する前提も考える」

ことで、理論知識が使えるようになってくる。

 そのためには、『ヘイグの理論構築法』や、『ワラスの輪』などの方法論をしっかり学ぶことが重要ではないかと思う。

より以前の記事一覧